おすすめ駐輪場東京

【赤羽】定期利用できる西口・東口別おすすめ駐輪場9選!申し込みや空き情報も!

※本ページは一部プロモーションを含みます
スポンサーリンク

地域の人気アーケードや人情味あふれる飲食店界隈、駅ナカ施設や大型ショッピングセンターなど幅広い商業環境がそろっている北区・赤羽は、豊かな自然環境と高い利便性が両立した人気の住みたい街でもあります。その中心駅として五つもの路線が乗り入れる赤羽駅は、東西南北に足を伸ばせる東京北部最大のターミナルとして終日にぎわっています。

そこで今回は、そんな赤羽エリアで定期利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。各駐輪場の紹介はもちろん、料金比較からワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2020年4月29日)

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は1月頃予定
スポンサーリンク

【赤羽駅】月極駐輪場まとめ(一覧マップ / 料金リスト / 各駐輪場の紹介)

赤羽駅の定期駐輪場

【赤羽駅】おすすめ定期駐輪場9選!

 赤羽駅西口自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

イトーヨーカドーがメインテナントの西口前再開発ビル「パルロード3」内には、地域で唯一の建屋内の駐輪施設が整備されました。ヨーカドー/ループ館の地下にある区営施設であり、主力駐輪場のほとんどが高架近くに集まる赤羽エリアでは、使い勝手がいい駅正面の貴重な街なか施設になります。そのため自転車、原付ともに最高値の月額になりますが、安心感を重視する方はこちらが第一候補になるはずです。ただし始発~終電時間はカバーしているものの、赤羽駅周辺ではここだけ夜間閉場してしまう点に注意ください。

屋内外 屋内(地下)
営業時間 4:00-25:00
台数 自転車 一時502台/定期158台 原付7台
自転車/一時 1日150円
自転車/定期 <一般> 1か月 2160円 3か月 5830円 6か月 10490円
<学生> 1か月 1290円 3か月 3490円 6か月 6290円
原付/定期 <一般> 1か月 3240円 3か月 8740円 6か月 15730円
<学生> 1か月 1940円 3か月 5240円 6か月 9430円
住所 東京都北区赤羽西1-7-1
電話 03-3907-8208
備考 ・一時利用はヨーカドー300円以上で1回無料
・50cc以下(定期のみ)
・定期は区外者割増あり

一覧マップへ

❷ ❸ 赤羽駅南口 第二/第一 自転車駐車場

駐輪場の外観を見る
第二>

第一>

東京方面側のガード下には区営の2階建て駐輪場がふたつあり、合わせて自転車1500台、原付130台(一時含む)が収容できる主力の定期施設になっています。いずれも南改札口にほど近い立地ですし、こちらならと違って24時間出入り可能です。月額面では、駅チカの第二と少し遠い第一は実に2倍の料金差がありますが、第二なら駅構内にもっとも短時間で行ける立地ですし、逆に第一の2階などは月額制の自転車スペースでは最安料金になるので、重視する希望条件に応じて検討してみるといいでしょう。

屋内外 屋内(一部屋外の一時区画あり)
営業時間 24時間
台数 第二 自転車1450台 原付70台
第一 自転車950台 原付60台
自転車/一時 第二 1日150円
第一 1日100円
自転車/定期 第二
<一般・1F> 1か月 2160円 3か月 5830円 6か月 10490円

<一般・2F> 1か月 1540円 3か月 4150円 6か月 7470円
<学生・1F> 1か月 1290円 3か月 3490円 6か月 6290円
<学生・2F> 1か月 920円 3か月 2490円 6か月 4480円
第一
<一般・1F> 1か月 1080円 3か月 2910円 6か月 5230円
<一般・2F> 1か月 770円 3か月 2070円 6か月 3720円
<学生・1F> 1か月 640円 3か月 1740円 6か月 3130円
<学生・2F> 1か月 460円 3か月 1240円 6か月 2230円
原付/一時 第二 1日200円
第一 1日150円
原付/定期 第二
<一般> 1か月 3240円 3か月 8740円 6か月 15730円

<学生> 1か月 1940円 3か月 5240円 6か月 9430円
第一
<一般> 1か月 1620円 3か月 4370円 6か月 7860円
<学生> 1か月 970円 3か月 2620円 6か月 4710円
住所 第二 東京都北区赤羽1-1-20
第一 東京都北区赤羽1-1-28
電話 第二 03-3909-6922
第一 03-3906-8462
備考 ・50cc以下 
・定期は区外者割増あり

一覧マップへ

 JR赤羽駅北部駐輪場

駐輪場の外観を見る
<西側入口>

駅ナカ施設「ビーンズ赤羽」の2階部分にある利用客向けの自転車駐輪場には、JRが運営する定期区画もあり、西側の大きな入口だけでなく東側のオートスロープからも出入りできます。高台がせまる西口側は坂道からの出入りになるので少し大変ですが、場内からは1階店舗を通じて北改札と直接行き来できる(8:00-22:30)ので、駅アクセスがもっとも楽ちんな定期スペースです。隣接する区営()よりは高めながら、全般的には区営とそん色ない料金水準なのもうれしい点と言えるでしょう。

屋内外 屋内(高架下)
営業時間 24時間
台数 自転車1653台
自転車/定期 <一般・A/Bエリア> 1か月 1900円 3か月 5420円 6か月 10230円
<一般・Fエリア> 1か月 1540円 3か月 4420円 6か月 8330円
<学生> 1か月 920円 3か月 2620円 6か月 4980円
<減額> 1か月 1260円 3か月 3590円 6か月 6820円
住所 東京都北区赤羽1-67-18
電話 03-6890-9522
備考  
  東側入口(ストリートビュー)

一覧マップへ

 赤羽駅西口北自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

北側高架下に整備された区営の2階建て駐輪場です。最近階数にかかわらず同料金になったため、2回昇り降りしなければいけない上階は以前より割高感がありますが、それほど駅との距離に差がない立地のと比べて、ぐっと割安な自転車利用ができます。またなんと言っても、駅の北側エリアで原付の定期利用をしたい方はここ一択になります。

屋内外 屋内(高架下)
営業時間 24時間
台数 自転車170台 原付110台
自転車/一時 1日100円
自転車/定期 <一般> 1か月 1080円 3か月 2910円 6か月 5230円
<学生> 1か月 640円 3か月 1740円 6か月 3130円
原付/一時 1日150円
原付/定期 <一般> 1か月 1620円 3か月 4370円 6か月 7860円
<学生> 1か月 970円 3か月 2620円 6か月 4710円
住所 東京都北区赤羽1-67-18
電話 03-5993-1590
備考 ・50cc以下 
・定期は区外者割増あり

一覧マップへ

 赤羽駅西側指定自転車置場

駐輪場の外観を見る

赤羽台の東洋大キャンパスわきに設けられた区営の年間登録制置き場であり、区道工事(令和4年~9年予定)の関係で、昨年度から高架沿い区画を除く全てが赤羽台トンネル上蓋部の緑道に移転しました。団地が広がる高台エリアなので、駅まではだいぶ距離がありますし、坂や階段も多いですが、その分4000円程度の登録料で1年間利用できる格安さが魅力になります。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車台数不明
自転車/定期 年額 4110円
住所 東京都北区赤羽台1-2街区/3街区及び赤羽西1-41先
電話 03-3908-9218
備考 ・区外者割増あり 
・駅から自宅や通勤・通学先が800m以上離れていることが条件
外観 高架沿い(ストリートビュー)

一覧マップへ

 赤羽駅南側指定自転車置場

駐輪場の外観を見る

駅前通りである東本通りには、一時利用専用の区営駐輪帯が200mにわたって設置されていますが、その少し南側の歩道には年間登録制の置き場も設置されています。定期施設がほとんどない東側では、貴重な定期スペースであり、南改札には数分の距離ですし、4000円程度の登録料で1年間利用できる格安さも魅力になります。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車100台
自転車/定期 年額 4110円
住所 東京都北区赤羽南1-20先
電話 03-3908-9218
備考 ・区外者割増あり
・駅から自宅や通勤・通学先が800m以上離れていることが条件

一覧マップへ

 赤羽公園脇指定自転車置場

駐輪場の外観を見る

赤羽公園東側の遊歩道に設置された区営の年間登録制置き場です。駅からはだいぶ距離があるので、通勤・通学に使いやすい立地とは言えませんが、その分4000円程度の格安な登録料で1年間利用できますし、一斉募集後でもしばらくのあいだ空いている可能性がいちばん高い区画になります。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車200台
自転車/定期 年額 4110円
住所 東京都北区赤羽南1-14先
電話 03-3908-9218
備考 ・区外者割増あり
・駅から自宅や通勤・通学先が800m以上離れていることが条件

一覧マップへ

 Parking in ジェクサー赤羽バイク月極駐車場

駐輪場の外観を見る

近年、東京方面側の高架下にオープンした大型フィットネスクラブには、利用者用の一時駐輪場が2か所設置整備されましたが、同じ高架下には二輪車の月極区画も併せて新設されています。通勤用としては必ずしも使いやすい立地とは言えませんが、区営の定期スペースはすべて50cc以下の原付のみなので、大きめバイクが契約できるこちらはとても貴重な施設と言えます。

屋内外 屋外(高架下)
営業時間 24時間
台数 原付バイク10台
原付バイク/定期 1か月 8800円
住所 東京都北区赤羽南2-9-60
電話 フォーム問合せ
備考 ・バイク可
・初期費用別途

一覧マップへ

スポンサーリンク

【赤羽】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

赤羽駅周辺の定期駐輪場は、JRや民間の2か所(❹❾)を除きすべて区営施設になりますが、その区営は、① 月額制有料定期駐輪場② 年間登録制指定自転車置き場の二つに分かれています。また① 月額制有料定期駐輪場も、管理団体によって申込先や方法が違うので注意ください。

① 月額制有料定期駐輪場❶❷❸❺

西口自転車駐車場

一般的な月単位(1/3/6か月)で利用できる定期駐輪場であり、管理運営は株式会社ソーリンになります。空きがあれば毎月20日~月末に随時申し込みが可能であり、こちらの申し込みや手続きはオンラインにて可能なので、専用WebサイトのSo-Managerでユーザ登録のうえ、新規定期契約ページから手続きください。

なお満車の場合でも予約登録はいつでも可能であり、登録後のマイページでは待ち状況や契約後内容、契約履歴も確認でき、予約さえしておけば空き次第通知メールが来るようになります。

南口第二自転車駐車場、南口第一自転車駐車場、西口北自転車駐車場

こちらも一般的な月単位(1/3/6か月)で利用できる定期駐輪場であり、管理運営は北区シルバー人材センタが行っていますが、こちらも最近オンラインにて申し込みができるようになりました。

各駐輪場の専用ページ(南口第二 / 南口第一 / 西口北)にて、詳細や空き情報を確認のうえ、アカウント登録をして、毎月20日~月末にお申し込みください。なお満車の場合でも、キャンセル待ち申請はいつでも可能です。

② 年間登録制指定自転車置き場❻❼❽

赤羽駅などの用地確保が難しい駅エリアで、暫定的に設けられた路上の自転車置き場です。そのため駅からは距離がある青空区画がほとんどではありますが、割安な登録料金で1年間(4/1~3/31)利用ができます。前年の年末時期(令和6年度分は令和5年12月1日~15日でした)には募集が開始されるため、その時期の区報やホームページを気にしておいてチェックするようにしてください。なお利用対象者は、自宅や通学・通勤先が駅からおおむね800m以上離れている方になり、北区外の在住者は倍額になります。

北区区報(自転車置場募集)
※北区ニュース令和5年11月20日号より

申請書は、駅改札口付近の申請書スタンドや北区役所第一庁舎3階21番の土木部施設管理課自転車対策係、区民事務所などで配布しており、ダウンロードも可能です。また提出は持参や郵送せ受付しており、電子申請(該当時期のみ)でも可能ですので、詳細は区ホームページの指定自転車置場のページにて確認ください。

また、当初募集で定員を満たした施設は、年度途中にキャンセルがあっても追加募集はしませんが、当初募集で定員割れがある場合は、翌年1月までのあいだに申し込みできる可能性もあります。特に当初募集終了後の早い時期なら、登録できる可能性も高いので、追加募集のページにて空きがある施設を確認しながら早めに申し込んでみてください。

ちなみに記事更新時点(令和5年1月)では、公園脇置き場()でまだ少し募集をしているようでした。なお追加募集の申請方法(申請書や受付窓口)など詳細については、上記ホームページで必ず確認ください。

次にJR管轄(運営は芝園開発株式会社)の赤羽駅北部駐輪場()についてですが、こちらも申し込みは現地の駐輪場窓口になります。まずは記載の電話番号にて詳細を確認の上申し込んでみてください。

最後にバイク月極駐輪場()についても少しふれておくと、こちらは「アットパーキング」が運営しており、オンラインにて申し込み手続きができます。施設詳細ページから申し込みバナーをクリックし、条件等の詳細をよく確認のうえ検討ください。

なおコロナ禍の影響により、感染流行前と比べて定期事情は大きく変化しています。空き状況や募集方法などは今後流動的に変わることも予想されるため、必ず自治体や管理会社の広報紙・ホームページ等で最新情報をチェックするようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

北区は荒川の河川低地と武蔵野台地の境に広がる区域であり、特に赤羽駅周辺はちょうど線路を隔てて低地と台地が接しているため、赤羽台や桐ヶ丘といった高台が駅前まで迫る西側などは、自転車の利用がとても大変な地域です。


※地理院地図より引用

いっぽうで、北区は東西の区域が3km程度と非常に狭く、特に西側は板橋区ともすぐに接しているため通勤・通学者の自転車乗入れが多く、特に5路線の交通要衝である赤羽駅は区内でもトップの乗り入れ数を誇っています。

そのため定期駐輪場も、荒川に区切られた東側より、団地エリアや他区域が広がる西側に向かって配置されており、いきおい東側は、やや郊外立地で年間制の暫定置場が少しあるものの、駅チカにしっかりした施設がないのが難点と言えます。

料金的には、記事でもふれたとおり年間制の置き場がとても格安に利用できますが、年度初めの募集でもれてしまうと、期の途中からは利用しずらいので、当初募集のタイミングを気にしておいて早めに申し込むのがポイントになります。

混雑状況としては、全体的にコロナ禍の影響によるリモート化により、待ち時間なども短くなってきてはいますが、赤羽エリアは依然として稼働率が高い地域なので、キャンセル待ちの予約登録を早めにしておくといいでしょう。

乗り入れ路線:JR京浜東北線・JR東北本線・JR埼京線・JR高崎線・JR湘南新宿ライン

コメント

タイトルとURLをコピーしました