おすすめ駐輪場 東京

【亀戸】安い一時利用おすすめ駐輪場8選!バイクOKや無料時間ありもチェック!

スポンサーリンク

人気参拝スポットの亀戸天神社や緑豊かな公園に囲まれた亀戸は、下町情緒あふれる街並みやグルメ自慢の名物商店街など多彩な魅力を持つ副都心エリアです。最近では近代的な再開発街区のオープンも控え、古きよき風情と都心の利便性が融合した街として期待を集めています。

そこで今回は、そんな亀戸駅周辺で一時利用できるおすすめ駐輪場を北口・東口に分けて紹介します。各駐輪場の紹介から料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※もし定期利用の予定がある方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは更新した時点)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。
スポンサーリンク

【亀戸】自転車・原付の一時利用駐輪場 おすすめリスト&マップ

亀戸駅の一時駐輪場

【亀戸駅 北口(アトレ側)】一時利用の駐輪場 おすすめ4選!

アトレ亀戸駐輪場A/B(エコステーション21) ❶ ❷

駐輪場の外観を見る

<A>

北口側の実質的な駅ビル機能を持つ「アトレ亀戸」の利用客駐輪場です。店舗前の屋外と駐車場棟内の1階の2ヶ所あり、少なめながらある程度の大きさの二輪まで駐めれる唯一の施設でもあります。長時間利用はおすすめできませんが、線路北側で無料時間があるのもここだけなので、商店街の散策にも利用できるはずです。

屋内外A:屋外 / B:屋内
営業時間24時間
台数A:自転車171台
B:自転車58台 原付バイク3台  
自転車/一時A:2時間無料 1時間毎100円
B:2時間無料 2時間毎100円
原付バイク/一時B:2時間無料 2時間毎200円
住所東京都江東区亀戸5-1-1
電話0120-356-621
備考大型バイクは不可の場合あり
外観B(ストリートビュー)

一覧マップへ

亀戸駅北口第一自転車駐車場(屋内定期/一時) 

駐輪場の外観を見る

北口側の区営駐輪場で一時利用が可能なのはこの第一のみですが、区画は2ヶ所に分かれています。このうち屋内に駐められるのがこの立体施設で、3階にはなってしまいますが候やセキュリティ面でアドバンテージがあります料金も手頃な日極めなので、電車等で出かける際にも安心でしょう。

屋内外屋内
営業時間24時間
台数自転車876台(合計)
自転車/一時1日100円 ※3階のみ
自転車/定期<一般・1F> 1か月 1800円 3か月 5400円
<一般・2F> 1か月 1500円 3か月 4500円
<一般・3F> 1か月 1300円 3か月 3900円
<学生・1F> 1か月 1200円 3か月 3600円
<学生・2F> 1か月 1000円 3か月 3000円
<学生・3F> 1か月 900円 3か月 2700円
住所東京都江東区亀戸2-18-1
電話03-5609-0883
備考 

一覧マップへ

亀戸駅北口第一自転車駐車場(屋外一時) 

駐輪場の外観を見る

北口側の区営駐輪場で一時利用が可能なのはこの第一のみですが、区画は2ヶ所に分かれています。このうちさっと手軽に駐められるのがこの駅前公園に接する平場スペースです。駅前バスロータリーに最寄りの立地に加え、料金も手頃な日極めなので、交通機関などで出かける際にも便利でしょう。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車876台(合計)
自転車/一時1日100円
住所東京都江東区亀戸2-21-1
電話03-5609-0883
備考 

一覧マップへ

亀戸スターダストA/B駐輪場(アイパーク) ❺ ❻

駐輪場の外観を見る

<B>

明治通りに面する遊戯店の利用客用スペースですが、一般利用も可能な有料駐輪場になっています。駐輪場のある路地を少し行けば中央通り商店街にも出られ、買物でちょっと置いておきたい時も便利です。屋外ながら屋根もしっかりある点も〇です。※料金等は確認のうえ利用ください。

屋内外屋外(屋根あり)
営業時間24時間
台数自転車台数不明
自転車/一時6時間毎100円 ※要確認
住所東京都江東区亀戸5-3-4
電話0120-162-088
備考※料金要確認
遊戯客割引あり
外観A(ストリートビュー)

一覧マップへ

【亀戸駅 東口(京葉道路側)】一時利用の駐輪場 おすすめ4選!

Parking in 亀戸駅東口駐輪場 

駐輪場の外観を見る

東口前の歩道に設けられたJRが運営する路上駐輪場です。東口前は道が狭いので混雑する時間帯は出し入れがしにくいですが、JR改札にもっとも近い駐輪ポイントがここになります。少しのあいだ無料で置いておきたい場合はドン・キホーテ前の区営に行った方がいいですが、半日程度電車でなどで出かける方ならここがベターでしょう。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車156台
自転車/一時5時間毎100円
住所東京都江東区亀戸6-65-10
電話0120-661-691
備考 

一覧マップへ

亀戸駅東口自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

近年改修工事も施され、収容力面で亀戸最大規模を誇るのがこの東口駐輪場です。一時利用は道路側の1階/3階/屋上のみになりますが、1日単位ではなく24時間毎で100円なのは使い勝手が抜群です(※一部日極めあり)また南北の連絡道も入口の目の前なので、線路両側での用事に利用できそうです。

屋内外屋内(屋上は屋根なし)
営業時間24時間
台数自転車1815台
自転車/一時24時間毎100円 ※1A・3A・屋上のみ。なお1A区画の一部は1日100円
自転車/定期<一般・1A> 1か月 2000円 3か月 6000円
<一般・2A/1B/1C> 1か月 1800円 3か月 5400円
<一般・3A/2B/2C> 1か月 1500円 3か月 4500円
<一般・3B> 1か月 1100円 3か月 3300円
<学生・1A> 1か月 1500円 3か月 4500円
<学生・2A/1B/1C> 1か月 1200円 3か月 3600円
<学生・3A/2B/2C> 1か月 1000円 3か月 3000円
<学生・3B> 1か月 900円 3か月 2700円
住所東京都江東区亀戸6-62-5
電話03-5609-8477
備考 

一覧マップへ

亀戸駅北口第二自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

<ガード下>

区営の北口第二駐輪場は3ヶ所に点在していますが、一時利用ができるのは明治通りのガード下と報道橋下の2か所になります。区営スペースでは唯一無料時間の設定があり、京葉道路側で無料で駐めておけるのもここだけになります。うまく場所を選べば雨にも濡れにくく24時間の上限金額があるのもうれしい点です。

屋内外屋外(区画により屋根あり)
営業時間24時間
台数自転車123台
自転車/一時2時間無料 1時間毎100円
24時間まで300円 以降8時間毎100円
住所東京都江東区亀戸2-20
電話03-5609-0883
備考 
外観歩道橋下(ストリートビュー)

一覧マップへ

亀戸駅北口第三自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

区営の中では駅前からいちばん遠い立地ですが、一時施設としては亀戸でもっとも広い平面駐輪場です。なにより原付を置いておける唯一の施設として貴重であり、1日料金も手頃です。自転車でも駅前が混みあっていたら覗いてみたいスペースです。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車340台 原付42台
自転車/一時1日100円
自転車/定期<一般> 1ヶ月 1100円 3か月 3300円
<学生> 1ヶ月 700円 3か月 2100円
原付/一時1日200円 ※
原付/定期<共通> 1ヶ月 3000円 3か月 9000円
住所東京都江東区亀戸1-41-2
電話03-5609-0883
備考50cc以下 ※原付の一時利用券は北口第一(❷)にて購入する必要があります。

一覧マップへ

スポンサーリンク

【亀戸】自転車の放置禁止区域や撤去場所・返還方法を解説!

江東区は23区内では放置自転車数がとりわけ多いエリアではありませんが、下町の手狭な街並が多い区域のため、放置車両問題の解消に向けてさまざまな取り組みがされてきた経緯があります。

亀戸駅周辺でも利用率の低い駐輪場利用でポイントがたまったり、路面に地域学童がデザインしたポスターを設置するなど工夫した結果、現在では減少傾向にありますが、それでもまだまだ多くの放置自転車を見かけるエリアと言えます。

もちろん亀戸駅周辺も、以下の広いエリアが放置禁止の区域として指定されています。

亀戸駅の放置禁止区域
※江東区ホームページより

万一撤去されてしまうと、以下のような便の悪いの保管場所までわざわざ行き、高い手数料を払って返還してもらうことになるのでくれぐれも注意してください。

毛利一丁目自転車保管場所

・住所 東京都江東区毛利1-21-13
・電話 03-6659-8699
・引取り時間 10時~19時(土日祝日は12時より) ※年末年始除く
・保管期間 30日
・必要なもの 手数料・自転車・原付の鍵・本人証明書類(保険証や免許証・学生証など)
・撤去保管費用 自転車 4,000円 原付 5,000円

このように「ほんの少しのあいだだから・・」とお金や手間を惜しんで撤去されてしまうと、かえってそれ以上の労力とコストがかかってしまうものです。

くれぐれも “急がば回れ” の気持ちで、記事も参考にしながら駐輪場利用を心がけてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

亀戸駅周辺は施設数こそ多くはありませんが、区営を中心として駅チカに駐輪ポイントが集まっており、使い勝手は悪くはありません。

ただ終日利用は手頃な相場ながら、無料設定や時間単価などで短時間利用に適したスペースがそれほど多くない点と、50ccを超える二輪車の受け入れ施設がほとんどないのが難点と言えます。

そんな意味では、現在東口側のサンストリート亀戸が新たな複合街区(プラウドタワー亀戸クロス)へと再開発が進んでいますが、大型ショッピングモールの開業も予定されているので、一時駐輪施設の整備も期待されます。

乗り入れ路線:JR総武線・東武亀戸線

コメント

タイトルとURLをコピーしました