おすすめ駐輪場東京

【武蔵小金井】定期おすすめ駐輪場9選!料金や申し込み方法・空き情報まで!

※本ページは一部プロモーションを含みます
スポンサーリンク

人気のブランドタウンがひしめく中央線沿線の中で、交通利便性や武蔵野の自然あふれる環境はそのままに、敷居の低さでも注目を集める武蔵小金井エリア。再開発での高架化により風通しが良くなった駅周辺には買物施設も続々誕生し、暮らしやすい穴場のファミリータウンとして支持されています。

そこで今回は、そんな武蔵小金井エリアで定期利用できるおすすめ駐輪場を北口・南口に分けて紹介します。各駐輪場の紹介はもちろん、料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2020年7月19日)

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は7月頃予定
スポンサーリンク

【武蔵小金井】定期駐輪場まとめ(一覧マップ/料金リスト/各駐輪場データ)


※武蔵小金井駅は高架施設のため、南北側を問わず駐輪場が利用しやすいエリアです。

武蔵小金井駅北口の定期駐輪場武蔵小金井駅南口の定期駐輪場

【武蔵小金井駅 北口】おすすめ定期駐輪場7選!

 駐輪場けやき

駐輪場の外観を見る

小金井街道沿いの三菱UFJ銀行裏手にある屋外駐輪場であり、場内区画のほかにも通路を利用したスペースがあります。一般の方が定期利用できる施設としては北口にもっとも近い立地になり、市営施設も管理するシルバー人材センターの運営なので、月額も市営とほぼ同水準です。ただし細い通路区画は、一般の通行も許容(※)されている路地なので、人通りが多い朝の出し入れは少し大変かもしれません。※歩行者への迂回(平日6:30~9:00)をお願いする注意書き看板は設置されています。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車373台
自転車/定期 1か月 2200円
住所 東京都小金井市本町2-6付近
電話 042-386-3890
備考  

一覧マップへ

 武蔵小金井北第5自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

駅東側の高架沿いにある市営の2階建て駐輪場であり、1階部分はほとんど自動車駐車場が占めているので、一時利用を含む自転車スペースは屋根がない2階がメインになります。高架下施設を除けば、北口側でもっとも収容規模がある定期施設ですし、青空条件の2階なら北口で最安値の自転車スペースになります。また施設わきには線路をくぐる小径もあるので、定期ポイントが少ない南口の方でも選択肢になります。

屋内外 屋外(1F屋根あり)
営業時間 24時間
台数 自転車878台
自転車/一時 24時間毎100円
自転車/定期 <一般・1F> 1か月 1900円
<一般・2F> 1か月 1500円
<学生・1F> 1か月 1500円
<学生・2F> 1か月 1200円
住所 東京都小金井市本町2-1
電話 042-227-7117
備考  

一覧マップへ

 民間営業自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

ドン・キホーテよこの住宅街にある自転車定期施設であり、市営施設も管理するシルバー人材センター運営の施設です。同センター管理のけやき駐輪場()に次いで駅チカの定期ポイントになり、契約は2か月単位のみにはなりますが、立地条件を考えれば料金も驚くほど手頃と言えます。ラック以外のフリースペースもあるので、子乗せ自転車なども安心して契約できます。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車426台
自転車/定期 1か月 2000円 ※
住所 東京都小金井市本町5-9-24
電話 042-383-6141
備考 ※契約は2か月単位

一覧マップへ

  武蔵小金井駅西側高架下 第1・第2 自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

第1>

西側の高架下には一時/定期の駐輪場が多数隣接していますが、その中でもっとも広い敷地を占めるのがこのふたつの施設です。合わせて2000台に迫る自転車キャパシティは地域最大の定期エリアであり、線路南北を問わず利用できる全天候のロケーションも含め、武蔵小金井エリアで核となる自転車施設になります。特に駅とは距離がある第2などは、空きも期待できる格安スペースなので、申し込みが混みあう時期にはチェックしてみてください。

屋内外 屋外(高架下)
営業時間 24時間
台数 第1 自転車1370台
第2 自転車610台
自転車/一時 24時間毎100円 ※第1のみ
自転車/定期 第1
<一般> 1か月 2000円 3か月 6000円 6か月 12000円
<学生> 1か月 1600円 3か月 4800円 6か月 9600円
第2
<一般> 1か月 1600円 3か月 4800円 6か月 9600円
<学生> 1か月 1300円 3か月 3900円 6か月 7800円
住所 東京都小金井市本町5-2-33
電話 042-386-5620
備考  
外観
第2(ストリートビュー)

一覧マップへ

 武蔵小金井駅西側バイク駐車場

駐輪場の外観を見る

西側の高架前に整備された二輪車駐輪場であり、道をはさんだ東側(駅寄り側)が定期利用区画になります。武蔵小金井エリアでは唯一の原付専用施設になり、ゲート式のフリースペースなので、使い勝手やセキュリティ面も良好な施設です。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 原付195台
原付/一時 24時間毎150円
原付/定期 1か月 3000円 3か月 9000円 6か月 18000円
住所 東京都小金井市本町5-2
電話 042-386-5620
備考 50cc以下

一覧マップへ

 TOBU PARK 武蔵小金井駅西高架下駐車場 

駐輪場の外観を見る

一時/定期の駐輪場が多数隣接する西側の高架下には、東武グループが管理する二輪者の月極スペースもあります。武蔵小金井エリアでは唯一大きめバイクが契約できる施設であり、タイムズ駐車場と自転車駐輪場に挟まれた高架下中央の場内は一方通行なので、出入りなど使い勝手も悪くありません

屋内外 屋外(高架下)
営業時間 24時間
台数 原付バイク18台
原付バイク/定期 1か月 5500円
住所 東京都小金井市本町5-1713-ハ
電話 0120-102-762
備考  

一覧マップへ

【武蔵小金井駅 北口】その他の定期駐輪場

 北口サイクルパーク

駐輪場の外観を見る
屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車台数不明
自転車/定期 1か月 2500円
住所 東京都小金井市本町5-20
電話 042-381-6863
備考  

一覧マップへ

 武蔵小金井北第1自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

※定期利用は障がい者の方専用になります。

屋内外 屋外(1F屋根あり)
営業時間 24時間
台数 自転車708台
自転車/一時 24時間毎100円
自転車/定期 <障がい者・一般> 1か月 750円
<障がい者・学生> 1か月 600円
住所 東京都小金井市本町5-18
電話 042-384-1367
備考 定期利用は障がい者の方のみ

一覧マップへ

 ブレイス竹之内駐輪場 

駐輪場の外観を見る

こちらの駐輪場に関しては、直接現地や電話で利用条件等をお確かめください。

屋内外 屋内
住所 東京都小金井市本町5-19
電話 042-281-1238

一覧マップへ

 トップエリア第1駐車場

駐輪場の外観を見る

こちらの駐輪場に関しては、直接現地や電話で利用条件等をお確かめください。

屋内外 屋外
住所 東京都小金井市本町2-1
電話 042-252-1478

一覧マップへ

【武蔵小金井駅 南口】おすすめ定期駐輪場2選!

 武蔵小金井駅南第1自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

西側ガードの横に新設された、武蔵小金井エリアで唯一の立体建屋施設です。再開発が一段落した駅前街区に面する好立地であり、天候はもちろん防犯面でももっとも安心度が高い定期ポイントと言えます。特に格安で空きも期待できる3~4階という選択肢があるので、屋内に置いておきたい方は柔軟に検討してみてください。

屋内外 屋内(屋外もあり)
営業時間 24時間
台数 自転車938台
自転車/定期 <一般・1F屋内> 1か月 2000円 3か月 6000円 6か月 12000円
<一般・1F屋外> 1か月 1800円 3か月 5400円 6か月 10800円
<一般・2F> 1か月 1800円 3か月 5400円 6か月 10800円

<一般・3F> 1か月 1600円 3か月 4800円 6か月 9600円
<一般・4F> 1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円
<学生・1F屋内> 1か月 1600円 3か月 4800円 6か月 9600円
<学生・1F屋外> 1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円
<学生・2F> 1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円
<学生・3F> 1か月 1300円 3か月 3900円 6か月 7800円
<学生・4F> 1か月 1200円 3か月 3600円 6か月 7200円
住所 東京都小金井市本町6-9-34
電話 042-386-5620
備考  

一覧マップへ

 アクウェル武蔵小金井街区自転車駐輪場

駐輪場の外観を見る

再開発により誕生した駅前複合ランドマーク「アクウェルモール」の地下駐輪場は、施設利用向けの時間貸し以外にも、住居者向けを含む月ぎめ利用が可能です。市営などに比べれば割高ですが、建物内スペースがほとんどない武蔵小金井エリアでは貴重な地下施設と言えます。夜間出入りできないのは注意ですが、改札へ1分という利便性は、少々高くても利用価値があるでしょう。

屋内外 屋内(地下)
営業時間 6:00-25:00
台数 自転車244台
自転車/一時 2時間無料 8時間毎110円
自転車/定期 1か月 3300円
住所 東京都小金井市本町6-14-28
電話 042-384-6101
備考  

一覧マップへ

【武蔵小金井駅 南口】その他の定期駐輪場

 武蔵小金井南第3自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

市役所エリアにある自転車定期の専用区画です。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車96台
自転車/定期 <一般> 1か月 1900円
<学生> 1か月 1500円
住所 東京都小金井市本町6-5
電話 042-383-6141
備考 料金等の利用条件は確認ください。

一覧マップへ

 武蔵小金井駐車場

駐輪場の外観を見る

市役所エリアにあるバイク定期の専用路上区画です。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 原付バイク13台
自転車/定期 1か月 5940円
住所 東京都小金井市前原町3-36-21
電話 0120-376-869
備考 バイク可

一覧マップへ

スポンサーリンク

【武蔵小金井】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報は?

武蔵小金井エリアでは、再開発が進む南口側でいくつかの市営駐輪場が廃止されており、現在駅周辺の市営定期施設は3か所にまで減少しています。

その市営施設(北第5、北第1、南第3は、<小金井市シルバー人材センター>が運営していますが、人材センターではそのほかにもけやき、民間駐輪場も併せて管理しています。

申し込みは人材センター(042-383-6141)でもかまいませんが、人材センター対応は平日8:30~17:00のみなので、以下の現地問合せも併せて可能です。

けやき ⇒ 同管理事務所(042-386-3890)
民間駐輪場 ⇒ 一覧マップアイコンの事務所
北第5・北第1 ⇒ 北第1事務所(042-384-1367)
南第3 ⇒ シルバー人材センター窓口のみ(042-383-6141)

空き状況についてはおおむね満車傾向が続いていますが、例えば北第5()の2階区画(屋根なし)など条件が悪いところは空いていたりするので、まずは問い合わせてみるといいでしょう。なお月初めからの利用は、前月の26日~月末が申し込み期間になります。

 

次に、❹❺西側高架下、西側バイク、南第1に関しては、<自転車駐車場整備センター>が管轄する公営施設になります。申し込み先は高架下第1(042-386-5620)が統括窓口になるので、必ず現地で定期申込書を記入し、料金を支払って契約ください。

なお新規の受付時間は平日6:30~20:00(土日祝は7:00~16:00)になり、必要なものは学生証や身分証書、料金になります。※減免希望の方は確認書類要

満車の場合はキャンセル待ちになり、空きが出た際に連絡があります。目安になる空き状況や待ち人数は整備センターのHPで知ることができるので、エリア駐輪場一覧ページから各駐輪場ページを開いて確認ください。

記事更新時点(令和4年8月)では、全体的に空き傾向にあるようでしたが、いずれにしても希望が決まったら、空き状況をチェックしながら記載の電話番号に問い合わせてみるといいでしょう。

 

そのほかの駐輪場は、いずれも施設になります。

北口サイクルパーク()に関しては地元の不動産会社(本間不動産/042-381-6863)が管理しているので、電話か事務所(一覧マップ参照)に直接問い合わせ下さい。ちなみに記事更新時点では空きがあるようでした。

またアクウェル駐輪場()はWEB上から申し込みが可能です。駐輪場の詳細ページからは申込・問合せフォームを開き、必要事項を入力の上申し込んでください。ちなみにこちらも記事更新時点では空きがあるようでした。

バイク施設の武蔵小金井駐車場()も、オンラインで問い合わせができます。施設詳細ページから専用フォームにて詳細を聞いてみてください。

 

なおコロナの影響により、感染流行前と比べて定期事情は大きく変化しています。空き状況や募集方法などは今後流動的に変わることも予想されるため、必ず自治体や管理会社の広報紙やホームページなどで最新情報をチェックするようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

武蔵小金井エリアでは、再開発が進む南口側でいくつかの市営駐輪場が廃止されており、現在駅周辺の市営定期施設は3か所(❸❾/うちは障がい者専用)にまで減少しています。

一方で、その市営施設を管理しているシルバー人材センターはほかにも定期施設(➊❷)を運営していますし、多くの自治体で管理指定業者になっている「(公財)自転車駐車場整備センター」も高架下付近に大きな施設(❹❺❻)を設置しているので、公営的な位置づけの施設はむしろ豊富と言えるかもしれません。

難点を言えば、再開発が一段落した南口側の街なかや、以前から指摘されてきた小金井街道から東側のエリアに定期ポイントがほとんどないなどの立地的な偏りがあることが挙げられます。

ただ、以前は開かずの踏切で名をはせた駅周辺市街地は、線路高架化によって駅両側の風通しが格段に改善されているので、線路にとらわれずに柔軟な施設探しをしてみてください。

乗入れ路線:JR中央線

コメント

タイトルとURLをコピーしました