おすすめ駐輪場東京

【上野駅】定期&月極駐輪場おすすめ8選!バイクOKや申し込み・契約方法も解説!

※本ページは一部プロモーションを含みます
スポンサーリンク

寛永寺の門前町として栄えた上野エリアは、今では11もの路線が行き交う巨大ターミナル駅を中心に上野動物園、アメヤ横丁など人気スポットがかこむ人気の観光エリアです。最近では駅施設や公園前の再整備などで上野公園へのアクセスも快適になり、ますます散策・行楽客で終日にぎわっています。

そこで今回は、そんな上野駅周辺で定期利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。各駐輪場の紹介はもちろん、料金比較やワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2021年12月9日)

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は3月頃予定
スポンサーリンク

【上野駅】定期駐輪場まとめ(一覧マップ/料金リスト/各駐輪場の紹介)

上野駅の定期駐輪場

【上野駅】おすすめ定期駐輪場8選!

 台東区営登録制自転車置場

駐輪場の外観を見る

中央口前>

西>

浅草口前>

地下鉄本社前>

東>

南>

上野駅エリアの区営定期施設は、年度(4月~翌3月)単位で登録利用する自転車置場のみになります。一覧マップでもわかる通り、主に入谷/浅草口前の昭和通り沿いに集まっており、ほとんどの区画が高架や歩道デッキの下なので、強雨でなければ直接雨に濡れる心配もありません。何と言っても同じ台東区の月ぎめ制だと1か月1500~2000円するところを、これらの登録制置場なら3000円で1年利用できるのでとても割安です。

屋内外 屋外(高架下・歩道デッキ下など )
営業時間 24時間
台数 自転車 124/42台/20台/17台/12台/62台
自転車/定期 年額 3000円
住所 東京都台東区上野7-1
東京都台東区上野6-16
東京都台東区上野7-3
東京都台東区東上野3-19
東京都台東区東上野3-18
東京都台東区上野6-7
電話 03-3835-4128(仲御徒町駅自転車駐車場)
備考  

一覧マップへ

 上野駅前自動二輪車駐車場

駐輪場の外観を見る

上野駅交差点の中央にある首都高下の区営二輪車駐輪場であり、メトロ駅関連の工事でしばらく閉鎖していましたが、令和5年4月より営業を再開しました。原付は不可ながら、大きめバイクの月ぎめスペースとしてはもっとも駅チカですし、場内には地下通路への出入り口もあるので、各路線改札へのアクセスも快適です。幹線道路が交わる中央帯にあるため、侵入経路(マップ参照)はおさらいしておいたほうが安心(特に入谷・浅草方面からのアクセス)ですが、平日限定なら公園口側のパーキングセンターの半額で利用できるので、上野駅エリアではまず検討すべき二輪スペースと言えます。

屋内外 屋外(高架下)
営業時間 7:00-23:00
台数 バイク30台
バイク/一時 30分100円 24時間最大800円
バイク/定期 <全日> 1か月 15000円
<平日> 1か月 10000円
住所 東京都台東区東上野3-19-6
電話 03-5246-1361
備考 50cc超のみ

一覧マップへ

 上野パーキングセンター

駐輪場の外観を見る

恩賜公園の公式駐車場がバス専用になって以来、公園来園者の定番駐車場になっているこちらは、大きめバイクの月ぎめ利用も可能です。上野公園通りは公園口移設にともなって南北に分断されたため、入谷方面からのアクセスは厳しくなりましたが、なんと言っても上野エリアでは唯一の安心屋内スペースであり、JR路線はもちろん京成線利用者にも使い勝手がいい貴重な二輪ポイントになっています。

屋内外 屋内
営業時間 24時間
台数 バイク台数不明
バイク/定期 1か月 20000円
住所 東京都台東区上野公園1-50
電話 03-3833-8151
備考 250cc以上

一覧マップへ

スポンサーリンク

【上野駅】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

施設紹介でもふれたように、上野駅周辺の区営自転車定期施設()は年度(4月~翌3月)単位で年額利用する登録制置場のみになります。

これらは毎年1月下旬~2月上旬ごろに一斉募集が行われ、往復はがきや電子申請にて受付がスタートするので、年度当初からの希望者は募集時期の区報やホームページを気にしておく必要があります。※申し込み多数の場合、優先順位に応じた抽選にて決定

台東区自転車置場募集(区報)
※台東区報 R4/1/21号より(令和5年度分参考)

残念ながら記事更新時点(令和5年4月1日時点)では5年度分の当初募集は終了していますが、定数に達していない、またはキャンセルにより空きがある施設については、4月以降でも先着順で利用受付をするので、やはりホームページや区報を気にしておくといいでしょう。

なお空き状況については区ホームページ(「自転車置場一覧(空き状況)」)でも告知しているので、併せて参考にしてみてください。ちなみに上野エリアの登録制置場はすべて仲御徒町駅自転車駐車場(台東区東上野1-14番先/03-3835-4128)が窓口になっており、受付時間は毎日6:00~20:00になります。一覧マップ参照

次にやはり区営施設である上野駅前自動二輪車駐車場()についても少しふれておくと、令和5年4月1日から営業再開するこちらは、初回募集が3月23日までのようでした。ただ空きがあれば随時申し込みが可能と思われますので、窓口である台東区役所交通対策課(03-5246-1361)に問合せのうえ、定期利用申込書利用確認書を持参もしくは郵送してください。

また上野パーキングセンター()については、現地窓口や電話等で問合せ・申し込みをお願いします。

最後に地図や記事では紹介していませんが、上野エリアには以下のような二輪車の民間ガレージスペースも何か所かあるようです。詳細については、運営会社のホームページや電話(03-3371-7012)などでお問い合わせのうえご検討ください。

上野エリアのバイク月ぎめ施設

なおコロナの影響により、感染流行前と比べて定期事情は大きく変化しています。空き状況や募集方法などは今後流動的に変わることも予想されるため、必ず自治体や管理会社の広報紙・ホームページ等で最新情報をチェックするようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

上野駅周辺では、主に浅草側に区営の自転車置き場が点在していますが、総数でも300台以下と十分には確保されていないため、定期キャパシティが豊富なエリアとは言ませんし、また最大のネックは50cc以下原付の定期・月ぎめ施設がひとつもない点が挙げられます。

さらに、自転車置場はいずれも年度初めに一斉募集する年間利用の施設ばかりなので、年額の利用料金こそ格安ですが、期の途中からの利用はハードルが高いのも難点と言えます。

今回は紹介していませんが、入谷駅や御徒町駅周辺には月額制の区営施設もあり、特に御徒町エリアには規模が大きい屋内(地下)施設が複数あるので、場合によっては隣接駅も視野に入れて検討する必要があるかも知れません。

いずれにしても上野駅近くで定期スペースを確保したい方は、1月下旬から始まる募集を気にしておいて、できるだけ早めに申し込むのが肝心と言えるでしょう。

また原付利用の方は、前章でふれたような民間のガレージスペースを検討・相談してみるといいでしょう。

乗り入れ路線:JR山手線・JR京浜東北線・JR東北本線・JR常磐線・JR高崎線・JR東北新幹線・JR上越新幹線・JR北陸新幹線・東京メトロ銀座線・東京メトロ日比谷線

コメント

タイトルとURLをコピーしました