おすすめ駐輪場東京

【板橋駅】時間料金が安いおすすめ一時駐輪場8選!無料時間や屋内・バイク可も紹介!

※本ページは一部プロモーションを含みます
スポンサーリンク

埼京線の隣駅である池袋駅へ3分という利便性に加え、三田線や東上線の駅も徒歩圏内にかかえる板橋駅周辺は、都心主要部へ乗り換えなしのアクセス利便性が最大の魅力の生活エリアです。花見スポットでも知られた石神井川も近くを流れ、交通の便と暮らしやすい住環境を備えた都心の穴場エリアとして高く支持されています。

そこで今回は、そんな板橋駅の周辺で一時利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。各駐輪場の紹介はもちろん、料金比較やワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2021年12月12日)

※もし定期利用の予定がある方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は3月頃予定
スポンサーリンク

【板橋駅】一時駐輪場まとめ(一覧マップ/料金リスト/各駐輪場の紹介)

板橋エリアの一時駐輪場
※料金時間には最初の無料時間も含まれる場合がありますので、よくお確かめの上ご利用ください。

【板橋駅エリア】おすすめ一時駐輪場8選!

 板橋駅自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

西口再開発で誕生した高層マンション(プラウドシティ)前にある板橋区営の駐輪場であり、マンション下の1階屋内が自転車、その前の屋外が二輪車区画になります。板橋エリアでは最大規模の施設になり、最近では自転車だけでなく二輪車も2時間無料なりましたし、いずれも手ごろな料金で終日置いておくことが可能です。またスーパーマルエツにも隣接していますし、特に自転車スペースはエリア唯一の屋内スペースなので、買い物から交通機関利用時まで幅広く活用できるイチオシ施設がこちらになります。

屋内外 屋内/屋外
営業時間 4:30-25:30
台数 合計740台
自転車/一時 2時間無料 24時間毎100円
自転車/定期 <一般> 1か月 2000円 3か月 5600円 6か月 10400円 
<学生> 1か月 1700円 3か月 4700円 6か月 8600円 
原付バイク/一時 125cc以下 2時間無料 24時間毎200円
125cc超 2時間無料 24時間毎300円
原付バイク/定期 <125cc以下> 1か月 4000円 3か月 11200円 6か月 20800円
<125cc超> 1か月 6000円 3か月 16800円 6か月 31200円
住所 東京都板橋区板橋1-1-2
電話 0120-356-621
備考 定期は板橋区外者割増あり

一覧マップへ

 板橋駅西口自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

タクシーロータリーがある駅前広場に面した板橋区営の歩道駐輪場です。しっかした無料時間に加えて、最近24時間料金にもなったことから、板橋口側でさっと自転車を置きたいときはマンション前のより手軽ですし、夜間帯にも出入りしたいときはこちらがおすすめです。ただ現在進められている西口前再開発に伴い、こちらの施設は広場前に建つ複合施設内に再設置される予定です。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車90台
自転車/一時 2時間無料 24時間毎100円
住所 東京都板橋区板橋1-15-1
電話 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

 板橋駅東口駅前駐輪場

駐輪場の外観を見る

駅前歩道や線路下の東西通路前にあった北区の駐輪場は現在すべて廃止されましたが、東口広場や駅ビルの再整備に併せて新たな自転車駐輪場が整備されています。交番後ろの駅ビルわきスロープから入るこちらは、滝野川口側では唯一の駅チカスペースであり、駅直結と言ってもいい立地に終日100円で自転車を置いておくことができます

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車220台
自転車/一時 24時間毎100円
住所 東京都北区滝野川7-1
電話 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

 北谷端公園脇自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

谷端小学校わきの区立公園前には、北区管理の一時/定期駐輪場が歩道に設置されています。このうち駅側の区画が一時利用の専用になっており、東口側で唯一の無料時間も設けられています。終日料金はエリア相場より少し高めではありますが、地下通路前にあった定番スペース(東口自転車駐車場)が2020年に閉鎖されて以降は貴重な一時スペースになっています。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車160台
自転車/一時 2時間無料 1日150円
住所 東京都北区滝野川7-14先
電話 0120-520-230
備考  

一覧マップへ

 新板橋駅前高架下自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

中山道の首都高架下の設置された板橋区営の駐輪場です。同じ17号沿いにあった東武グループの駐輪場が2020年に閉鎖されてしまったため、新板橋駅の周辺で一時利用できる施設は現在こちらだけになっています。最近ではコイン清算式へのリニュアルにともない、自転車だけでなく二輪車も2時間無料になりましたし、板橋エリアでは3か所(➊❺❻)しかない貴重な屋根ありポイントのひとつでもあります。

屋内外 屋外(高架下)
営業時間 24時間
台数 合計320台
自転車/一時 2時間無料 24時間毎100円
自転車/定期 <一般> 1か月 2000円 3か月 5600円 6か月 10400円 
<学生> 1か月 1700円 3か月 4700円 6か月 8600円 
原付バイク/一時 125cc以下 2時間無慮 24時間毎200円
125cc超 2時間無料 24時間毎300円
原付バイク/定期 <125cc以下> 1か月 4000円 3か月 11200円 6か月 20800円
<125cc超> 1か月 6000円 3か月 16800円 6か月 31200円
住所 東京都板橋区板橋4-4先
電話 0120-356-621
備考 定期は板橋区外者割増あり

一覧マップへ

 下板橋駅第1自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

下板橋通りをはさんでヨークマートに向かい側にある板橋区営の施設は、板橋エリアでは貴重な屋根付きの屋外駐輪場です。最近機械清算式に変わったことで一時利用も24時間出入りできるようになりました。踏切わきには東上線改札(北改札)が目の前の自転車施設()などもありますが、こちらなら少し遠いだけで雨に濡れずに終日100円で置いておくことが可能です。また下板橋駅近くで原付やバイクを駐めたい方はこちらが唯一の選択肢になります。

屋内外 屋外(屋根あり)
営業時間 24時間
台数 自転車366台 原付バイク28台
自転車/一時 2時間無料 24時間毎100円
自転車/定期 <一般> 1か月 2000円 3か月 5600円 6か月 10400円 
<学生> 1か月 1700円 3か月 4700円 6か月 8600円 
原付バイク/一時 125cc以下 2時間無料 24時間毎200円
125cc超 2時間無料 24時間毎300円
原付バイク/定期 <125cc以下> 1か月 4000円 3か月 11200円 6か月 20800円
<125cc超> 1か月 6000円 3か月 16800円 6か月 31200円
住所 東京都板橋区板橋4-4先
電話 03-3579-6500
備考 定期は板橋区外者割増あり

一覧マップへ

 下板橋駅第2自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

踏切わきの簡易ロータリー内には板橋区営の路上区画が設置されています。北改札が目の前の好立地なので、エリア相場より高い12時間100円にはなりますが、日中程度の鉄道利用ならじゅうぶん手ごろで使いやすいロケーションと言えます。線路反対側には豊島区営で割安のなどもありますが、正面の南改札は朝方と夕方のみ開いている臨時口なので、鉄道利用の使い勝手ではこちらがやや勝っています

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車70台
自転車/一時 2時間無料 12時間毎100円
住所 東京都板橋区板橋2-3-1先
電話 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

 下板橋自転車置場

駐輪場の外観を見る

下板橋駅の南口向かい側には豊島区管理の広い平置き駐輪場が設置してあり、線路反対側の板橋施設(/12時間100円)より割安な料金です。正面の南改札は7~9時/17~20時のみ利用できる臨時改札ではありますが、線路を渡れば正規の北改札もすぐなので、天気さえよければ下板橋駅近くでは立地・料金面でベターな自転車スペースはこちらと言えるでしょう。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車240台
自転車/一時 2時間無料 24時間毎100円
住所 東京都豊島区池袋本町3-25
電話 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

スポンサーリンク

【板橋駅エリア】自転車の放置禁止区域や撤去場所・返還方法を解説!

ほとんどの主要駅周辺は条例によって自転車や原付バイクを放置してはいけないことになっていますが、板橋駅の周辺でも以下の広いエリアが放置禁止区域としてして指定されています。

特に板橋駅周辺は三つの区域が隣接しているエリアであり、撤去されたポイントによって保管自治体が異なるので注意が必要です。

<板橋区側の放置禁止区域>

板橋(板橋区)の放置禁止区域
※板橋区ホームページより

保管所:板橋郵便局前自転車保管所)
・住所 東京都板橋区板橋区板橋3-2,3先
・電話 03-3963-2574
・引取り時間 10:00~19:00 ※年末年始除く
・保管期間 自転車約1か月 原付約6か月
・必要なもの 手数料・自転車等の鍵・本人証明書類(健康保険証や免許証・学生証など)・通知はがき(届いている方)
・撤去保管費用 自転車 4,300円 125cc以下 6,600円 125cc超 8,700円

<北区側の放置禁止区域>

板橋(北区)の放置禁止区域
※北区ホームページより

保管所:姥ヶ橋移送場所
・住所 東京都北区上十条5-14-6
・電話 03-3908-1232
・引取り時間 10:30~19:00 ※日曜は16時まで ※祝・年末年始除く
・保管期間 1か月
・必要なもの 手数料・自転車等の鍵・本人証明書類(健康保険証や免許証・学生証など)・通知はがき(届いている方)
・撤去保管費用 自転車 5,000円

<豊島区側の放置禁止区域>

板橋(豊島区)の放置禁止区域
※豊島区ホームページより

保管所:西巣鴨自転車保管所
・住所 東京都豊島区西巣鴨4-14
・電話 03-5974-3056 / 03-5986-2400
・引取り時間 月火木金 11時~20時30分 日祝 10時30分~16時30分 ※年末年始除く
・保管期間 30日
・必要なもの 手数料・自転車/原付の鍵・本人証明書類(健康保険証や免許証・学生証など)・通知はがき(届いている方)
・撤去保管費用 自転車 5,000円 原付 8,000円

万一撤去されてしまうと、上記のような便が悪い保管場所までわざわざ行き、高い手数料を払って返還してもらうことになるのでくれぐれも注意してください。

このように「ほんの少しのあいだだから・・」とお金や手間を惜しんで撤去されてしまうと、かえってそれ以上の労力とコストがかかってしまうものです。

くれぐれも “急がば回れ” の気持ちで、記事も参考にしながら駐輪場利用を心がけてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

荒川などが流れる河川側の低地と武蔵野台地の境に位置する板橋区や北区は凹凸が多いエリアとして知られています。

そのため板橋エリアも中山道から北側に傾斜地形がありますが、台地側の市街地に入ってしまえばそれほどアップダウンはないので、自転車利用もあまり苦にはなりません。

板橋駅周辺の高低図
※topographic-map.comより引用

また複数の区が隣接するこの板橋駅周辺は、3路線が徒歩圏内で利用できる市街地のコンパクトさや、近年の再開発による高層マンションの急増も手伝い、自転車利用者がとても多いエリアでもあります。

駐輪場に関しては、管轄区が設置した駐輪施設が各駅周辺にしっかり整備されていますし、マルエツやイイダ、ヨークマートやライフといった主要スーパーなどには買物客スペースもきちんと設置されているので、その近隣にある商店街での用足しも含めて不便感はありません。

また板橋区の駐輪場がコイン清算式に変更されたことにより、料金単位も営業時間も24時間制(※)になったことや、二輪車でも無料時間が設けられるなど、利便性も大幅に上がっています。は除く

その結果、ほとんどの駐輪場が利用時間の長短を気にせず使えるようになりましたし、また各駅近くには排気量にかかわらず使える二輪車施設がある点も安心感があります。

さらに板橋駅周辺では、東口に続いて西口前でも複数の再開発が進行中なので、駐輪環境を含む中心エリアでの自転車やバイクの利便性はさらに高まることが予想されます。

乗り入れ路線:JR埼京線・都営三田線・東武東上線

コメント

タイトルとURLをコピーしました