おすすめ駐輪場 神奈川

【二俣川】定期でおすすめの駐輪場5選!バイク可や契約手順・空き状況は?

スポンサーリンク

がんセンターや運転免許試験場など県主要施設への来訪者でにぎわう二俣川は、緑あふれる環境と交通アクセスの便利さが両立した副都心エリアです。近年の再開発により駅周辺のショッピング環境も充実し、住み良い街として名前が挙がる横浜の人気ヒルサイドとしても知られています。

そこで今回は、そんな二俣川駅周辺で定期利用できるおすすめ駐輪場を北口・南口に分けて紹介します。各駐輪場の紹介から料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは更新した時点)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。
スポンサーリンク

【二俣川】自転車・原付の定期駐輪場 おすすめリスト&マップ

二俣川の定期駐輪場

【二俣川駅 北口】定期利用の駐輪場 おすすめ2選!

二俣川駅北口自転車駐車場(自転車館) 


※左側水色の施設がバイク館()

近年オープンした自転車専用の立体施設です。駅の両側を通じて自転車を安心の屋内に置いておけるのはここだけです。その分市営施設よりは月額が高めですが、天候やセキュリティ面を気にする方はここ一択になるでしょう。

屋内外屋内
営業時間24時間
台数自転車台数不明
自転車/一時12時間毎150円
自転車/定期<1F> 上段1か月 2600円 下段1か月 3000円
<2F> 上段1か月 2500円 下段1か月 2000円  
<3F> 上段1か月 2000円 下段1か月 1500円  
住所神奈川県横浜市旭区二俣川1-4
電話045-391-6552
備考 

一覧マップへ

二俣川駅北口自転車駐車場(バイク館) 

の自転車館に隣接する民間施設で、こちらは原付・バイクの専用施設です。一時利用は屋外ですが定期スペースは建屋内になり、特にバイクの定期契約が可能なのここだけです。と同様に値段は高めですが、二輪車を屋内に駐めておきたい方には第1候補になるでしょう。

屋内外屋内(一部屋根なし)
営業時間24時間
台数原付バイク台数不明
原付/一時1日200円
原付バイク/定期<1・2F> 1か月 3300円
<3F>    1か月 2750円
住所神奈川県横浜市旭区二俣川1
電話045-391-6552
備考バイク可

一覧マップへ

【二俣川駅 南口】定期利用の駐輪場 おすすめ3選!

二俣川駅第二自転車駐車場 

駅北側の踏切脇から長く伸びる市営の駐輪場で、定期専用(自転車)なのはここだけです。駐める位置にもよりますが、駅構内へもっとも近いのはこの施設になります。また両側の駅ナカ施設に立ち寄るのも便利な立地と言えます。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車204台
自転車/定期1か月 1500円 3か月 4500円
住所神奈川県横浜市旭区二俣川2-90-4
電話045-366-7616
備考 

一覧マップへ

二俣川駅第五自転車駐車場 

のさらに奥にある線路わきの原付専用施設で、道が少ない南側ではややアクセスしずらい立地になります。ただこちらは原付の収容力ではもっとも頼りになる施設であり、もう一つの第1()よりはるかに駅に近い点も魅力になります。なお東側からの経路は、住宅街の細い道を通るので注意ください。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数原付262台
原付/一時24時間毎100円
原付/定期1か月 2000円 3か月 6000円
住所神奈川県横浜市旭区二俣川2-2-4
電話045-366-7616
備考125cc以下
日祝・年末年始は一時利用無料

一覧マップへ

二俣川駅第一自転車駐車場 

駅南側の跨線橋道路の下にある市営駐輪場です。ややアクセスしずらい立地ではありますが、自転車・原付の収容力ではもっともバランスいい施設であり、ともに定期利用が可能です。場所が不便な分、満車気味の駅周辺に比べて確保できる可能性が高いので、約300mほどの距離が苦にならない方は検討ください。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車212台 原付147台
自転車/一時24時間毎80円
自転車/定期1か月 1500円 3か月 4500円
原付/一時24時間毎100円
原付/定期1か月 2000円 3か月 6000円
住所神奈川県横浜市旭区さちが丘136
電話045-364-6198
備考125cc以下
日祝・年末年始は一時利用無料

一覧マップへ

スポンサーリンク

【二俣川】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

二俣川駅周辺の定期駐輪場のうち、北側のは市営施設のような名称ですが、実際は民間施設のようです。こちらは現地事務所で申し込みができますが、記事公開時点では使いやすい1階や2階は混みあっているようでした。バイクなどは3階に空きがあるようでしたので、いずれにしてもまずは電話で問い合わせてみてください。

 

一方で南口側の施設はすべて市営駐輪場になり、管理運営は<横浜市交通安全協会>が行っています。こちらは空きがあれば随時申し込みもできますし、満車の場合は順番待ちの登録も可能です。

申し込み窓口に関しては、第1()は同駐輪場内事務所ですが、無人の第2()・第5()は踏切を渡った第4駐輪場(一時利用駐輪場記事参照)になるので注意ください。日時は利用予定月の前月20日~月末の6時半~20時に受け付けています。なお日曜・祝日や年末年始は休みなので注意ください。

協会のホームページでは空き情報も公開しているので、駐輪場の検索ページから旭区を選んで、希望施設の状況を確認ください。あくまで記事公開時点ですが、自転車では第1()なら空きがありましたが、第2()は1年以上待つとのことでした。また原付では、第1()・第5()ともに余裕があるようでした。

スポンサーリンク

まとめ

再開発によって南口駅前がリニューアルされた二俣川エリアは、それによって一時利用スペースの整備は進みましたが、定期利用施設に関してはそれほど変化していません。

それでも原付定期に関してはやや余裕がある様子も感じますが、自転車では駅に近いスペースの確保はややハードルが高く、立地や階数などの条件に目をつぶる必要も出てきます。

さいわい二俣川エリアの市営の日極相場は1日80円と格安なので、一時利用を活用しながら希望駐輪場の契約を目指すのも手と言えます。

乗入れ路線:相鉄本線・相鉄いずみ野線

コメント

タイトルとURLをコピーしました