おすすめ駐輪場 東京

【光が丘】安いおすすめ一時駐輪場8選!無料時間比較や原付バイクもOKなのは?

スポンサーリンク

都心へも好アクセスのニュータウン都市として開発された練馬区光が丘は、駅を中心に広大な自然公園や区内最大ショッピング施設が空中デッキで結ばれた魅力ある生活タウンです。週末ともなると、行楽やレジャー、買物などで多くのファミリーが休日を過ごしている人気のエリアです。

そこで今回は、そんな光が丘エリアで一時利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。各駐輪場の紹介から料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※もし定期利用の予定がある方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは更新した時点)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。※プライバシーポリシー(免責事項)もご確認ください。
スポンサーリンク

【光が丘】一時駐輪場 / 一覧マップ・料金リスト・各駐輪場データ

光が丘の一時駐輪場1光が丘の一時駐輪場2

【光が丘】おすすめ一時駐輪場8選!

光が丘自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

ロータリー広場の正面向かい側にある区営の立体駐輪場です。駅真上の立地や地域No.1の収容力、また唯一の建屋施設であり、光が丘エリアではもっとも主力の駐輪場に位置付けられます。特に天気が悪い日の終日の電車利用などには、こちらがいちばん安上がりで安心でしょう。

屋内外屋内(3F屋根なし)
営業時間24時間
台数自転車2220台
自転車/一時1F/2F 12時間毎100円
3F 16時間毎100円
自転車/定期<一般・1F> 1か月 2200円 3か月 6200円 6か月 10500円
<一般・2F> 1か月 2000円 3か月 5700円 6か月 9600円
<一般・3F> 1か月 1200円 3か月 3400円 6か月 5700円
<学生・1F> 1か月 1700円 3か月 4800円 6か月 8100円
<学生・2F> 1か月 1500円 3か月 4200円 6か月 7200円  
<学生・3F> 1か月 800円 3か月 2200円 6か月 3800円  
住所東京都練馬区光が丘3-7-12
電話03-3930-3020
備考定期は口座振替割引あり

一覧マップへ

光が丘第三自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

駅上の大通り沿いに設置された路上の区営駐輪場です。大江戸線入口やIMAがすぐ目の前であり、無料時間も設けられているので、地上面にさっと短時間置きたい時はここがもっとも重宝します。また料金も割安なので、好天時の電車利用にも活用したいスペースです。なお最近料金改定があり、ジョナサン寄りの区画はやや高めになったので注意ください。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車390台
自転車/一時Aエリア 2時間無料 8時間毎100円
Bエリア 2時間無料 12時間毎100円
住所東京都練馬区光が丘3-10-2
電話03-3993-5100
備考 

一覧マップへ

コスモ光が丘店 第1・第2 駐輪場 ❸ ❹

駐輪場の外観を見る

<第2入口>

大通り沿いにある遊戯店の利用者スペースで、店舗の左右に2か所設置されています。このうち第2は区営の定期施設と共用になっており、べデストリアンデッキ下の区画なので雨にも濡れません。なにより原付スペースとしては、と並んで駅にもっとも近い立地になります。

屋内外第1/屋外 第2/屋根あり
営業時間24時間
台数台数不明
自転車/一時第1 4時間毎100円
第2 10時間毎100円
原付/一時第1 4時間毎200円
第2 10時間毎200円
住所東京都練馬区光が丘3-9-9
電話03-5261-7217
備考・50cc以下 ・コスモ店遊戯客は無料
外観第1(ストリートビュー)

一覧マップへ

光が丘ふれあいの径自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

駅エリアと光が丘公園を結ぶ歩道デッキ「ふれあいの径」の両側に設置された区営の歩道駐輪場で、商業施設はもちろん駅利用にも使いやすいロケーションです。さらに無料時間もエリア最長ですし、24時間料金なのもここだけなので、天気さえ良ければ長時間・短時間両方で活用できるスペースです。なお一時利用に混ざって定期ラックもあるので、よく確認して利用ください。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車1401台
自転車/一時3時間無料 24時間毎100円
自転車/定期<一般> 1か月 1700円 3か月 4800円 6か月 8100円
<学生> 1か月 1300円 3か月 3700円 6か月 6200円
住所東京都練馬区光が丘2
電話03-5997-2389
備考 

一覧マップへ

田柄自転車駐車場 

駐輪場の外観を見る

東大通り沿いにある区営の駐輪場です。駅前エリアからは少し離れた立地ですが、光が丘ではもっとも広い地上の平置き施設なので、手軽さではいちばん頼りになります。無料時間も含めて料金も手ごろですし、原付もOKの貴重な施設なので、駅周辺が混みあっていたらこちらを覗いてみるといいでしょう

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車181台 原付19台
自転車/一時2時間無料 16時間毎100円
自転車/定期<一般> 1か月 1500円 3か月 4200円 6か月 7200円
<学生> 1か月 1100円 3か月 3100円 6か月 5200円
原付/一時2時間無料 16時間毎200円
住所東京都練馬区田柄5-27-7
電話03-3930-3020
備考・50cc以下 ・定期は口座振替割引あり

一覧マップへ

光が丘公園駐車場 

駐輪場の外観を見る

光が丘公園駐車場内の一画にあるバイク駐輪場です。駅エリアからは離れていますが、排気量の制限なく一時利用ができるのはここだけになります※。1日料金もとても手頃なので、バイクの方は公園利用時だけでなく、買物や電車利用の際にも重宝するはずです。※IMAのC-1/C-2(❾⓭)は区画ライン内のサイズのみ

屋内外屋外
営業時間24時間
台数原付バイク13台
原付バイク/一時1日200円
住所東京都練馬区光が丘4-1-1
電話03-3938-1406
備考・バイク可 ・光が丘日大病院提携あり

一覧マップへ

光が丘IMA自転車駐車場 各エリア ❶~⓯

駐輪場の外観を見る
A-6付近>

A-4付近>

Bエリア>

光が丘IMAに各館に設けられた利用者用駐輪場です。地上面とデッキ面の両方に分かれ、いずれも2~3時間が無料になります。時間料金はいずれもやや割高なので、主には買物や用足しなどの短時間利用がおすすめです。特に原付やバイクでも無料時間があるのは、ここのC-1・C-2(❾⓭)と田柄駐輪場()だけになります。なお駅に最も近いA-4は24時間営業ではないので、電車利用の際には注意ください。なお南館(⓮⓯)以外はホームページで空き状況が確認できるので、参考にするといいでしょう。

屋内外屋外(一部屋内・屋根あり)
営業時間24時間(A-4のみ9:00-23:30)
台数<中央館>
A-1/自137台 A-2/自110台 A-3/自228台 A-4/自613台 A-5/自544台 A-6/自82台 A-7/自38台 A-8/自49台 C-1/現45台バ13台 
<東館>
B-1/自26台 B-2/自79台 B-3/自58台 C-2/現7台バ7台 
<南館>
Aエリア/自79台 Bエリア/自51台
自転車/一時<中央館>
A-1 3時間無料 8
時間毎100円
A-2 3時間無料 4時間毎100円
A-3 2時間無料 1時間毎100円
A-4 3時間無料 1時間毎100円
A-5① 3時間無料 8時間毎100円
  A-5② 3時間無料 4時間毎100円

A-6 2時間無料 1時間毎100円
A-7 2時間無料 1時間毎100円
A-8 3時間無料 1時間毎100円

<東館>
B-1 3時間無料 1時間毎100円
B-2 3時間無料 1時間毎100円
B-3 3時間無料 1時間毎100円

<南館>
Aエリア 3時間無料 1時間毎100円
Bエリア 3時間無料 1時間毎100円
原付バイク/一時<中央館>
C-1 原付 3時間無料 1時間毎200円 自動二輪 3時間無料 1時間毎300円

<東館>
C-2 原付 3時間無料 2時間毎200円 自動二輪 3時間無料 2時間毎300円

住所東京都練馬区光が丘5-1-1
電話 0120-773-791
⓮ ⓯ 0120-356-621
備考 
外観B-1(ストリートビュー)

一覧マップへ

スポンサーリンク

【光が丘】自転車の放置禁止区域や撤去場所・返還方法を解説!

光が丘は大規模ニュータウン地域のため、駅周辺への自転車乗入れ台数が都内でも上位に入るエリアです。そのため、かつては駅周辺や公園付近の歩道などに放置車両があふれていましたが、駐輪場拡充やシェアサイクル推進などの自転車利用環境の整備により、現在では減少傾向にあります。

もちろん光が丘駅の周辺も、以下の広いエリアが放置禁止の区域として指定されています。

光が丘の放置禁止区域
※練馬区ホームページより

万一撤去されてしまうと、以下のような遠方の保管場所までわざわざ行き、高い手数料を払って返還してもらうことになります。

平和台自転車集積所

・住所 東京都練馬区早宮2-18-35
・電話 03-3993-5100
・引取り時間 9時半~17時半 ※年末年始除く
・保管期間 1か月
・必要なもの 手数料・自転車・原付の鍵・本人証明書類(保険証や免許証・学生証など)・通知ハガキ(届いている方)
・撤去保管費用 自転車 4,000円 原付 7,000円

特に練馬区の返還手数料は、自転車・原付ともに都内でも高い水準にあるので注意が必要です。

このように「ほんの少しのあいだだから・・」とお金や手間を惜しんで撤去されてしまうと、かえってそれ以上の労力とコストがかかってしまうものです。

くれぐれも “急がば回れ” の気持ちで、記事も参考にしながら駐輪場利用を心がけてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

地下鉄・光が丘駅は、区内最大の商業施設「光が丘IMA」が駅ビル機能を兼ねており、駅周辺の徒歩移動はペデストリアンデッキがメインになっているエリアです。

そのため駐輪ポイントも地上面と2階デッキに分かれる形になるので、利用目的に応じてあらかじめ候補を絞って空き状況の確認などもすると、余計な昇り降りが避けられます。

光が丘でもっとも頼りになるのは、各所に点在するIMAの駐輪場ですが、無料時間を含めた短時間利用向きのため、長時間や終日利用には高くついてしまいます。

そんな電車で出かけるなどの際は、区営の光が丘(12~16時間100円)、ふれあいの径(24時間100円)、田柄(16時間100円)などが安く収まるので、天気などに応じて使い分けるのがいいでしょう。

なお本文でも触れましたが、南館を除くIMA駐輪場は空き状況が確認できるので、選択の際の参考にしてみてください。

乗り入れ路線:都営大江戸線

コメント

タイトルとURLをコピーしました