おすすめ駐輪場 東京

【葛西駅】おすすめ定期駐輪場3選!原付OKや申込手順・空き状況も解説!

スポンサーリンク

都心の主要ビジネス街やディズニーリゾートにもほど近い江戸川区葛西は、首都圏近郊の「住みたい街」として根強い人気を誇る穴場の生活タウンです。環七通りも走る葛西駅周辺には、たくさんのスーパーやコンビニ、ホームセンターが集まり、多くのファミリー世代に支持されているエリアです。

そこで今回は、そんな葛西駅周辺で定期利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。各駐輪場の紹介から料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは更新した時点)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。
スポンサーリンク

【葛西駅】定期駐輪場 / 一覧マップ・料金リスト・各駐輪場データ

葛西駅の定期駐輪場

【葛西駅】おすすめ定期駐輪場3選

葛西駅 西口/東口 駐輪場 ❶ ❷

駐輪場の外観を見る

駅前地下にある国内最大級のタワーツリー型駐輪場で、東西側合わせて約1万台の自転車を収容できる最新式施設です。地下に昇り降りする必要はありますが、収容口での操作・出し入れは10~20秒で済みますし(後述動画参照)、ロータリー周辺には複数の出入り口が設置されています。なにより天候はもちろん盗難の心配も全くないことから、定期利用にイチオシの施設と言えます。

屋内外屋内(タワーツリー式)
営業時間4:30-25:00
台数西口 自転車約4500台(うち一時利用852台)
東口 自転車約4900台 (うち一時利用675台)
住所東京都江戸川区中葛西5-43/6-3
自転車/一時2時間無料 1日100円
自転車/定期<一般> 1か月 1880円 3か月 5130円
<学生> 1か月 1050円 3か月 2830円
電話0120-356-621
備考一時利用及び規格外車両はラック収容

一覧マップへ

葛西駅東2号駐輪場 

駐輪場の外観を見る

東側高架下にある2階建ての市営駐輪場で、おもに原付(50cc以下)の定期受け皿になるのがこの施設です。もちろん自転車も駐められますし、地下ではなく地上にさっと置きたい方はここがおすすめです。また地下機械スペースの利用規格に合わない自転車は、ラック収容かこちらの施設を検討することになります。

屋内外屋外(屋根あり)
営業時間4:30-25:00
台数自転車 一時206台(定期不明)
原付バイク 一時51台(定期不明)
自転車/一時2時間無料 1日100円
自転車/定期<一般> 1か月 1880円 3か月 5130円
<学生> 1か月 1050円 3か月 2830円
原付バイク/一時50cc以下 1日210円
自動二輪 1日320円
原付/定期<一般> 1か月 3770円 3か月 10270円
<学生> 1か月 3150円 3か月 8380円
住所東京都江戸川区東葛西6-19-1
電話0120-356-621
備考定期は50cc以下のみ

一覧マップへ

スポンサーリンク

【葛西駅】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

葛西駅周辺の月極駐輪場は、いずれも区営の施設です。

申し込みは各駐輪場の現地窓口で受け付けていますが、高架下の東2号施設()に関しては東地下()で手続きを行っているので注意ください。また地下駐輪場は機械収納式のため、利用の可否を検査する車検があるので、自転車も持っていく必要があります。

なお新規登録の受付期間は、前月20日~月末の6:00~22:00になります。記事更新時点では地下駐輪場(❶❷)は空きがあるようでしたが、東2号駐輪場()は混み合っているようです。ちなみに2号駐輪場のキャンセル予約申請は、月末にかかわらずいつでも可能とのことです。

なおコロナの影響により、感染流行前と比べて定期事情は大きく変化しています。空き状況や募集方法などは今後流動的に変わることも予想されるため、必ず自治体や管理会社の広報紙・ホームページ等で最新情報をチェックするようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

葛西駅は、なんといっても国内最大規模のハイテク駐輪場(❶❷)が整備された駅として知られ、その収容力は1日あたりの駅利用者の10%を想定した1万台(※)近いキャパシティを有しています。※東西合計

そのため、かつては歩道などの各所に散らばっていた駐輪スペースも駅前に集約されましたし、出し入れが10数秒程度で済むなど駐輪環境はかなり整っているエリアと言え、月額も統一なので値段であれこれ迷うこともありません。

<地下駐輪場の使い方>

また線路北側には駐輪ポイントがありませんが、地下駐輪場は環七ガード下などにも出入口が配置されているので、それほど不便感は少ないはずです。また原付施設()のやや離れてはるものの、150mほど歩けば駅前に行けるので大きな支障はないでしょう。

なお50ccを超えるバイクの月極スペースは、残念ながら今回の調査では見つけることができませんでした。※シェアスペース除く

乗入れ路線:東京メトロ東西線

コメント

タイトルとURLをコピーしました