おすすめ駐輪場東京

【国立】無料や安いおすすめ一時駐輪場を北口・南口で紹介!原付・バイクもOKは?

スポンサーリンク

四季を彩る緑地や並木通りなど、武蔵野の自然あふれる街並みが魅力の国立市は、一橋大学をはじめとしたキャンパスや文化施設が集まる文教都市として知られています。特に都心アクセスも快適な中央線の国立駅周辺は、ハイセンスなショッピング環境や閑静な住宅地が囲む人気のブランドタウンとして長く支持されています。

そこで今回は、そんな国立エリアで一時利用できるおすすめ駐輪場を北口・南口に分けて紹介します。各駐輪場の紹介はもちろん、料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2020年9月11日)

※もし定期利用の予定がある方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は10月頃予定
スポンサーリンク

【国立エリア】一時駐輪場まとめ(一覧マップ・料金リスト・各駐輪場データ)

国立駅の一時駐輪場
※料金時間には最初の無料時間も含まれる場合がありますので、よくお確かめの上ご利用ください。
※「バイク可」でも、駐輪枠のサイズによりすべての自動二輪車が利用できるとは限りません。

【国立駅 北口】おすすめ一時駐輪場5選!

 リパーク国立駅前駐輪場

駐輪場の外観を見る

北口側の駐輪場はおもに駅から立川寄りに集まっていますが、このうち北口にもっとも近い自転車ポイントがこちらです。目の前のnonowa内には改札(nonowa改札/7-22時/交通系カード専用)もあるので、駅利用にも便利です。またすぐ近くには高架下通路(マップイエローライン)も開通したので、線路南側とも行き来も快適になりました。ただし近くには無料時間スペース(❸❹)や時間料金が安い施設()もあるので、状況に応じていろいろチョイスしてみてください。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車84台
自転車/一時 8時間毎100円
住所 東京都国立市北1-7-21
電話 0120-115-076
備考  

一覧マップへ

 CYCLE DAICHI 国立駅北口駐輪場

駐輪場の外観を見る

北口側の駐輪場はおもに駅から立川寄りに集まっていますが、このうちもっとも駅チカなのがこちらや前述のになります。目の前のnonowa内には改札(nonowa改札/7-22時/交通系カード専用)もあるので、電車利用も便利です。またすぐ近くには高架下通路(マップイエローライン)も開通したので、線路南側とも行き来も快適になりました。からわずか数10mほど足を延ばせば時間単価も少し安くなるスペースなので、状況に応じていろいろチョイスしてみるといいでしょう。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車139台
自転車/一時 10時間毎100円
住所 東京都国立市北1-10-28
電話 0120-551-448
備考  

一覧マップへ

 nonowa国立第二駐輪場

駐輪場の外観を見る

駅ナカ施設「nonowa国立」にはWEST/EAST側にひとつずつ利用者駐輪場()があり、いずれも1時間が無料になりますが、立地的に劣るこちらは長時間利用でも格安なので、電車利用にも便利です。また5台程度ながら、国立エリアでもっとも駅チカの二輪スペースもあり、ゲート式のフリー区画なのも使いやすいでしょう。

屋内外 屋外(一部高架下)
営業時間 24時間
台数 自転車460台 原付バイク5台
自転車/一時 1時間無料 24時間毎110円
原付バイク/一時 1時間無料 24時間毎220円
住所 東京都国立市北1-14-52
電話 0120-102-762
備考 バイク可

一覧マップへ

 中央線高架下自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

立川方面側の高架下に設置された市営駐輪場であり、2000台を超える収容力などから北口側の主力となる自転車施設です。やや不便な立地なので利用率はこれまで高くありませんでしたが、エリア最長の2時間を無料にするなど、利用メリットもあらたに設けられています。また隣接するnonowaスペース()とはほぼ同じ料金ですが、こちらなら高架下なので、特に雨天時は第一候補になるはずです。

屋内外 屋外(高架下)
営業時間 24時間
台数 自転車 一時600台/定期1407台
自転車/一時 2時間無料 24時間毎100円
自転車/定期 <一般> 1か月 1000円 3か月 3000円 6か月 6000円
<学生> 1か月 500円 3か月 1500円 6か月 3000円
住所 東京都国立市北2-37-6
電話 042-576-2111
備考 定期は原則1年単位での利用

一覧マップへ

 アットパーク国立駅北口駐輪場

駐輪場の外観を見る

駅からはやや離れた住宅地のある国立エリア最大の立体駐輪です。近年(平成28年)市の管理から民間運営に変わった施設であり、北口側では唯一の建屋内スペースでもあります。これまで市営に比べて割高だった料金も最近よこ並び(24時間100円)になり、さらに使い勝手がよくなりました。またnonowa駐輪場()の原付バイク区画は数台分しかないので、北口側ではこちらがもっとも頼りになる原付ポイントと言えるでしょう。

屋内外 屋内(3F屋上は屋根なし)
営業時間 24時間
台数 合計3160台
自転車/一時 1F 10時間毎110円
3F 24時間毎110円
自転車/定期 <共通・1F> 1か月 2200円 3か月 6600円 6か月 13200円
<共通・2F> 1か月 1980円 3か月 5940円 6か月 11800円
<共通・3F> 1か月 1320円 3か月 3960円 6か月 7920円
<学生・3F> 1か月 1100円 3か月 3300円 6か月 6600円 
原付/一時 24時間毎220円
原付/定期 <共通> 1か月 3300円 3か月 9900円 6か月 19800円 
住所 東京都国分寺市光町1-40
電話 0120-036-548
備考 ・50cc以下 ・国分寺高校生限定

一覧マップへ

【国立駅 南口】おすすめ一時駐輪場8選!

 国立駅南第1自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

立川側の高架前に立つ市営の立体駐輪場であり、定期部分が1~2階、一時利用が地下になります。約2500台の自転車収容力を持ち、特に一時利用のキャパシティが地域最大なのがこちらです。国立エリアの屋内施設()の中ではもっとも駅チカですし、屋内条件の24時間100円スペースとしてもいちば好立地なので、電車利用などで終日安心して置いておきたいときはここ一択と言ってもいいでしょう。最近(令和3年6月)では、施設よこの高架下道路(マップのイエローライン)も開通したので、南北側に関係なくおすすめの一時ポイントになっています。

屋内外 屋内
営業時間 24時間
台数 自転車 一時768台/定期1819台
自転車/一時 24時間毎100円
自転車/定期 <一般> 1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円
<学生> 1か月 750円 3か月 2250円 6か月 4500円
住所 東京都国立市北1-1-46
電話 042-576-2111
備考 ・定期は原則1年単位での利用 
・定期は市外割増あり

一覧マップへ

 nonowa国立第一駐輪場

駐輪場の外観を見る

駅ナカ施設「nonowa国立」にはWEST/EAST側にひとつずつ利用者駐輪場()があり、こちらは料金的には割高ですし、台数も少なめですが、なんといっても線路南側では西友()とともに貴重な無料時間スペースになります。ただWEST側()とは違ってこちらは24時間開放ではないので、入出庫にはくれぐれも注意ください。

屋内外 屋外
営業時間 7:00-22:00
台数 自転車20台
自転車/一時 1時間無料 3時間毎100円
住所 東京都国立市東1-1-1
電話 042-316-4417
備考  

一覧マップへ

 リパーク国立駅前第2駐輪場

駐輪場の外観を見る

ほぼ駅前ロータリー内とも言える好立地の民間駐輪場であり、現在南口に最寄りの自転車スペースがこちらになります。主には銀行利用者向けの施設のため、無料時間も短めですし、台数もそれほど置けませんが、空いていれば旧駅舎前などでの待ち合わせや、駅周辺での短時間の所用に重宝するので、ぜひ覗いてみてください。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車24台
自転車/一時 30分無料 6時間毎100円
住所 東京都国立市中1-8-45
電話 0120-115-076
備考  

一覧マップへ

 国立駅南第2自転車駐車場

 

駐輪場の外観を見る

西友や紀伊國屋書店、冨士見通りなどが囲む南口メイン繁華街の市営駐輪場です。自転車は定期のみになりますが、排気量にかかわらず利用できる国立エリアのメイン二輪車施設がこちらです。面する道路は大学通り側からの一方通行なので注意ですが、国立駅周辺で原付やバイクを置きたい方は、まずこちらを覗くといいでしょう。

屋内外 屋外(定期は屋根あり)
営業時間 24時間
台数 自転車927台 原付バイク58台
自転車/定期 <一般> 1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円
<学生> 1か月 750円 3か月 2250円 6か月 4500円
原付バイク/一時 50cc以下  24時間毎150円
125cc以下  24時間毎250円
125cc超 24時間毎300円
住所 東京都国立市中1-16-30
電話 042-571-3901
備考 ・定期は原則1年単位での利用 
・定期は市外割増あり

一覧マップへ

 西友国立店駐輪場

駐輪場の外観を見る

冨士見通り沿いに立つ国立エリアのメインスーパー「西友国立店」のお客様スペースです。入口は裏手の一方通行道路側になりますが、地下施設内の収容力は市営を除けばトップクラスです。なんと言っても市営の高架下()と並んでエリア最長の2時間が無料で利用できますし、西友は24時間営業のスーパーのため、駐輪場も24時間利用できる点も最大の魅力と言えるでしょう。

屋内外 屋内(地下)
営業時間 24時間
台数 自転車272台
自転車/一時 2時間無料 6時間毎100円
住所 東京都国立市中1-9-30
電話 042-576-2401
備考  

一覧マップへ

 マルイチパーク国立南自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

西友や紀伊國屋書店、冨士見通りなどが囲む南口メイン繁華街の民間駐輪場であり、ブランコ通りの入口もすぐ目の前です。昨年(令和3年6月)冨士見通り沿いにあった市営第3施設が閉鎖された現在では、大学通り西側の貴重な一般自転車駐輪場になっています。時間料金も市営に次いで割安なので、街なかでの買物などにはいちばん使いやすいポイント言えそうです。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車台数不明
自転車/一時 12時間毎100円
住所 東京都国立市中1-16-30
電話 042-524-5165
備考  

一覧マップへ

 CYCLE DAICHI 国立駅南口紅屋駐輪場

駐輪場の外観を見る

以前まで旭通りにあった家具店(紅屋/現在は駐車場)の近くにできた路上の駐輪場です。大学通りの東側では待望の自転車スペースであり、駅にも比較的近い一時ポイントです。さっと置ける手軽さで料金も手ごろなので、旭通り商店会などの繁華街エリアでの用足しに重宝しそうです。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車81台
自転車/一時 8時間毎100円
住所 東京都国立市東1-39
電話 0120-551-448
備考  

一覧マップへ

 大学通り無料自転車駐車場

駐輪場の外観を見る

メインストリートの大学通り両側に長く伸びる無料の自転車区画です。車道側には自転車専用レーンがありますが、駐輪場所は歩道側にあるため、駐輪位置によっては長い距離を降りて進まなければいけません。また駅前とは300m以上離れていることから、おもには一橋大の学生さん用と言えるかもしれません。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 自転車1900台
自転車/一時 無料
住所 東京都国立市東2-29-14、2-29-17
電話 042-576-2111
備考  

一覧マップへ

スポンサーリンク

【国立エリア】自転車の放置禁止区域や保管場所・返還方法を解説!

国立市の谷保や矢川、国立駅周辺はいずれも違法駐輪が多いエリアであり、中でもキャンパスが集まる文教地区の国立駅周辺は放置車両をもっとも多く見かける市街地です。

特に大学通りの無料駐輪場は置きっぱなしの利用者も多く、歩道まではみ出している車両もたくさんあることから、整理や撤去が頻繁に行われているのが現状と言えます。

ちなみに国立駅の周辺では、以下の広いエリアが放置禁止の区域として指定されており、警告~撤去の対象になります。

国立駅の放置禁止区域
※国立市ホームページより

万一撤去されてしまうと、以下のような遠方の保管場所までわざわざ行き、高い手数料を払って返還してもらうことになるのでくれぐれも注意してください。

泉自転車移送所

・住所 東京都国立市泉1-24-141
・電話 042-574-7210
・引取り時間 平日13時~16時(土日は9時~)※祝・年末年始除く
・保管期間 2か月
・必要なもの 手数料・自転車・原付の鍵・印鑑・本人証明書類(保険証や免許証・学生証など)
・撤去保管費用 自転車 2,000円

このように「ほんの少しのあいだだから・・」とお金や手間を惜しんで撤去されてしまうと、かえってそれ以上の労力とコストがかかってしまうものです。

くれぐれも “急がば回れ” の気持ちで、記事も参考にしながら駐輪場利用を心がけてみてください。 

スポンサーリンク

まとめ

文教地区に指定された国立エリアは、全国的に見てもコンパクトな市域のため、学生さんを中心に自転車や原付バイクの利用者がとても多い市街地す。

一方で、大学通りを除けば道が狭い繁華街や住宅地に囲まれているため、専用置場を設けた店舗・施設はほとんどありませんし、車両走行にも気を使う区域と言えます。

また大学通りの歩道には2000台近い無料区画もありますが、立地条件や走行/駐輪マナーの問題などから、利用しやすい一時スペースとは言えないのが現状です。

最近では再開発にともなう市とJRの用地交換などによって、いくつかの民間/市営駐輪場が廃止されていますが、旧駅舎よこには大型駐輪場も備えた大型複合公共施設の建築予定もあるようです。

大型商業施設があまりない国立駅周辺は、無料時間がある買い物客スペースがあまりないのが難点ですが、市営を中心に収容力がある割安な施設もしっかりあるので、立地にこだわらなければ駐めるところがなくて困ることはほとんどないはずです。

乗入れ路線:JR中央線

コメント

タイトルとURLをコピーしました