おすすめ駐輪場 東京

【国立】おすすめ定期駐輪場を北口・南口で紹介!月額比較や原付バイク可は?

スポンサーリンク

緑地公園や並木通りなど武蔵野の自然あふれる街並みが魅力の国立市は、一橋大学をはじめとしたキャンパスや文化施設が集まる文教都市として有名です。特に都心アクセスも快適な中央線・国立駅の周辺は、ハイセンスなショッピングポイントや閑静な住宅地が囲む人気のブランドタウンです。

そこで今回は、そんな国立エリアで定期利用できるおすすめ駐輪場を北口・南口に分けて紹介します。各駐輪場の紹介から料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは更新した時点)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。
スポンサーリンク

【国立エリア】自転車・原付の定期駐輪場 おすすめリスト&マップ

国立駅の定期駐輪場

【国立駅 北口】定期利用の駐輪場 おすすめ2選!

中央線高架下自転車駐車場 

立川方面側の高架下に設置された駐輪場で、自転車では北口の主力となる施設です。やや立地の不便さはありますが、市営施設の利用率平準化のためここがもっとも割安な月額料金になっています。駐輪位置によっては駅まで400m以上距離があるものの、雨にも濡れない穴場施設としておすすめです。また近くに線路のアンダーパスもあるので、場合によっては南側の方も選択肢になるでしょう。

屋内外屋外(屋根あり)
営業時間24時間
台数自転車2007台(一時600台 定期1407台)
自転車/一時2時間無料 24時間毎100円
自転車/定期1か月 1000円 3か月 3000円 6か月 6000円
住所東京都国立市北2-37-6
電話042-576-2111
備考 

一覧マップへ

アットパーク国立駅北口駐輪場 

北口前からはやや離れた住宅街エリアのある駐輪場で、近年(平成28年)市の管理から民間運営に変わった立体施設です。原付の月極スペースとしては国立エリアではここ一択になります。また自転車でも屋根がない3階(屋上)は割安な月額で借りることができます。なお駅から遠い国分寺高校の生徒さんなら、3階のみ学割がききます。

屋内外屋内(3F屋上屋根なし)
営業時間24時間
台数合計3160台
自転車/一時1F 10時間毎100円
3F 6時間毎50円
自転車/定期<共通1F> 1か月 2000円 3か月 6000円 6か月 12000円
<共通2F> 1か月 1800円 3か月 5400円 6か月 10800円
<共通3F> 1か月 1200円 3か月 3600円 6か月 7200円
<学生3F> 1か月 1000円 3か月 3000円 6か月 6000円 ※
原付/一時10時間毎150円
原付/定期<共通> 1か月 3000円 3か月 9000円 6か月 18000円 
住所東京都国分寺市光町1-40
電話0120-036-548
備考50cc以下
国分寺高校学生のみ対象

一覧マップへ

【国立駅 南口】定期利用の駐輪場 おすすめ2選!

国立駅南第1自転車駐車場 

自転車ではエリア最大の2500台を収容できる市営施設であり、定期利用だけでも2000台近いキャパシティがあります。なるべく駅に近い屋内に置いておきたい方は、ここがもっとも安心感が高いスペースです。その分タイミングによっては満車のケースもありますが、国立エリアではもっとも通勤・通学に適した施設と言えるでしょう。

屋内外屋内
営業時間24時間
台数自転車2587台(一時768台 定期1819台)
自転車/一時24時間毎100円
自転車/定期1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円 
住所東京都国立市北1-14-56
電話042-576-2111
備考定期は市外割増あり

一覧マップへ

国立駅南第2自転車駐車場 

西友や紀伊国屋書店など、北口側でもっとも店舗や施設が集まる中1丁目の真ん中にある市駐輪場です。定期は自転車のみですが、屋内ではなく平場にさっと駐めたいという方は、よりこちらがおすすめです。自転車の定期区画は屋根も設置されているので、雨の日でも安心です

屋内外屋外(定期は屋根あり)
営業時間24時間
台数自転車927台 原付バイク58台
自転車/定期1か月 1500円 3か月 4500円 6か月 9000円 
原付バイク/一時原付    24時間毎150円
125cc以下  24時間毎250円
125cc超   24時間毎300円
住所東京都国立市中1-16-30
電話042-571-3901
備考定期は市外割増あり

一覧マップへ

スポンサーリンク

【国立エリア】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

国立駅周辺の定期駐輪場は、最近民間運営になったを除いてすべて市営施設です。

申し込みは、一般的に現地受付が普通ですが、国立市は申請書を道路交通課交通係に提出(郵送可)~IC定期券の発送~料金支払い後利用開始という流れになります。以下の利用規約ページから詳細を確認・把握したうえで、申請書を入手して手続きを進めて下さい。

⇒「自転車駐車場(駐輪場)利用規約

なお、希望駐輪場が定員を超えている場合はキャンセル待ちとして登録されます。市のホームページでは空き状況も公開しているので、以下のページも参考にしながら検討ください。

⇒「定期利用駐輪場のキャンセル待ち状況

● 国立市役所 都市整備部 道路交通課 交通係
〒186-8501 国立市富士見台2-47-1 国立市役所 3階(49番窓口)
電話  042-576-2111(内旋365/356)
URL 定期駐輪場詳細ページ
 

また、最近民間運営になった北口駐輪場()に関しては、駐輪場の事務所が受付窓口になっています。申し込みは平日の7時~11時及び16時~21時に受け付けていますので、現地を訪問してみてください。

なお記事公開時点では満車状態が続いているようで、抽選になる場合が多いとのことでした。また国分寺高校の学割スペースも、特に優先されるというわけではないので注意ください。とりあえず空き状況を含めて、まずは記載の番号に電話して問い合わせから始めるといいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

文教地区の国立駅周辺は、学生さんを中心に自転車や原付利用率が高いエリアと言えます。

定期駐輪場に関しては施設の数こそ多くはありませんが、駅両側に1500~2000台規模の市営施設()が整備されています。またやや離れた場所にも大きな施設()が配置されているので、定期環境は悪くはありません。

利便性に優れた南第1施設()に利用集中している様子が見て取れますが、利用率平準化のため高架下施設()などはとても手頃な月額に抑えられているので、安く抑えたい方には穴場の施設になるでしょう。

難点を言えば、原付の月極施設が北口駐輪場()のみであり、二種以上のバイクを駐めておけるスペースがないことなどが挙げられます。

乗入れ路線:JR中央線

コメント

タイトルとURLをコピーしました