おすすめ駐輪場東京

【中目黒】定期や月極のおすすめ駐輪場!契約手順や原付バイク置場も紹介!

スポンサーリンク

“なかめ”の愛称で親しまれ、その閑静な街並みにハイセンスなカフェや雑貨店、飲食店も連なる大人のまち・中目黒。恵比寿や代官山といったブランドエリアも徒歩範囲にかかえ、渋谷などへのアクセスの良さや、花見&イルミネーションのスポットとしても知られた目黒川沿いの憩い環境も人気の理由になっているタウンシティです。

そこで今回は、そんな中目黒エリアで定期利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。各駐輪場の紹介はもちろん、料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2022年1月16日)

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は4月頃予定
スポンサーリンク

【中目黒】定期・月極駐輪場まとめ(一覧マップ/料金リスト/各駐輪場データ)

中目黒駅の定期駐輪場

【中目黒】おすすめ定期・月極駐輪場6選!

 中目黒駅前駐輪場

駐輪場の外観を見る

中目黒駅前の再開発街区「中目黒ゲートタウン」の地下1階には、商業ゾーンと共用の市営駐輪場があります。向かい側(アトラスタワー側)にも市営の地下施設はありますが、交通量の激しい山手通りの改札側にあるのは意外に大きなポイントになるはずです。GTタワーや銀座商店街にも最寄りなので、通勤・通学以外の利便性もうれしい点でしょう。

屋内外 屋内(地下)
営業時間 5:00-25:10
台数 自転車405台
自転車/一時 1時間無料 24時間毎100円
自転車/定期 <一般・上段> 1か月 2000円 3カ月 6000円
<一般・下段> 1か月 2200円 3カ月 6600円
<学生・上段> 1か月 1000円 3カ月 3000円
<学生・下段> 1か月 1100円 3カ月 3300円
住所 東京都目黒区上目黒2-1-4
電話 03-5721-4315 / 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

 上目黒一丁目駐輪場

駐輪場の外観を見る

中目黒のランドマーク「アトラスタワー」がそびえる駅前エリアにも市営の地下駐輪場があり、山手通り側のタクシー広場前と目黒川沿いの紅葉橋前の2か所のスロープから出入りできます。一時利用も可能なゲートタウン地下の市営()とは違ってこちらは定期専用になり、定期だけで500台近い自転車キャパシティがあります。コンベア完備のきれいな屋内には電動/子乗せ区画もありますし、最近ではンラインで手軽に申し込み手続きできるようになったのもうれしい点です。

屋内外 屋内(地下)
営業時間 5:00-25:10
台数 自転車464台
自転車/定期 <一般> 1か月 2000円 3カ月 6000円
<学生> 1か月 1000円 3カ月 3000円
住所 東京都目黒区上目黒1-26-3
電話 03-3741-5061 / 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

 観音橋自転車置場

駐輪場の外観を見る

祐天寺側の線路高架に沿って200m近く伸びる市営の定期置き場です。駅南側のガードよこに出入口があり、中目黒エリアでは原付の定期利用ができる唯一の施設でもあります。駐輪位置によっては駅まではかなり距離があるので、駅チカ希望の方はなどが無難ですが、こちらは年間制の割安な料金なので、立地よりコストを重視する方は年度初めの一斉募集をぜひ狙ってみて下さい

屋内外 屋外(一部高架下)
営業時間 24時間
台数 台数不明
自転車/定期 年額 3000円
原付/定期 年額 3000円
住所 東京都目黒区上目黒2-14
電話 03-5722-9444
備考 50cc以下

一覧マップへ

 バイクパーク各駐輪場

駐輪場の外観を見る

上目黒一丁目>

中目黒駅周辺は、原付なら市営施設()がありますが、50ccを超える二輪の一時/定期スペースがなかなか見当たらないエリアです。ただ駅から離れていてもかまわなければ、以下のような民間のガレージスペースが少し見つかるので、よければ参考にしてみて下さい。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 バイク5~7台
バイク/定期 1か月 9900円~12100円
住所 マップ参照
電話 03-3371-7012
備考 バイクパークホームページ

一覧マップへ

スポンサーリンク

【中目黒】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

中目黒エリアの定期駐輪場は、月額制の駐輪場(➊❷)と年間登録制の置場()がおもな選択肢になり、いずれも目黒区の管轄になります。

このうち、まず月額制施設については、空きがあれば各駐輪場にて20日~月末に申し込みができるので、表記載の電話番号にまずは問合せのうえ、営業時間内に各駐輪場窓口を訪ねてみてください。

また記事でもふれたとおり、上目黒一丁目駐輪場は最近オンラインにて問い合わせや空き状況の確認、申し込み手続きが可能になりました。希望の方は駐輪場詳細ページをご覧のうえ、アカウント作成して希望区画に申し込み、あるいはキャンセル待ち登録をしてみてください。

 

次に年間登録制のについて説明すると、こちらは年度(4/1~翌3/31)単位の利用施設になり、年度当初からの利用者一斉募集があるので、前年11月当初~年末までの申請期間を区ホームページや区報などで気にしておく必要があります。※令和5年度分の当初募集は終了しています。

必ず期間内に利用登録申請書(PDF)を総合庁舎本館6階の土木管理課自転車対策係(〒153-8573 目黒区上目黒2-19-15)まで郵送/持参するか、または電子申請(当初募集及び3月までの追加募集時期のみ)で手続きください。

また一斉募集後であっても、空きがある施設については随時募集が行われるので、毎年の追加募集を区ホームページ等でチェックしてみるといいでしょう。ちなみに記事公開時点では、残念ながら観音橋施設の期中追加募集はしていないようでした。

また目黒区では最近紙の申請書による申し込み申請を原則廃止する流れにあるようなので、当初募集/追加募集ともに以下のような区ホームページをよく確認のうえ申請ください。

⇒ 登録制自転車置場・利用登録の概要
⇒ 令和5年度登録制自転車置場の登録申請(当初募集)は受付終了しました
⇒ 令和5年度登録制自転車置場の追加募集受付開始日

 

なおコロナの影響により、感染流行前と比べて定期事情は大きく変化しています。空き状況や募集方法などは今後流動的に変わることも予想されるため、必ず自治体や管理会社の広報紙・ホームページ等で最新情報をチェックするようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

中目黒駅周辺は、地形的に目黒川や山手通りが谷にあたるエリアになり、地下鉄である日比谷線なども高架ホームから始発する形になります。そのため代官山、祐天寺いずれの方向にも坂が必ずあるので、自転車での通勤・通学は少し大変な市街地と言えます。

中目黒エリアの高低図
※topographic-map.comより引用

ただ一時駐輪場の少なさに対して、定期スペースに関しては正面玄関にあたる東口前に400台規模のきれいな地下施設がふたつ整備されていますし、やや離れた高架沿いにも収容力がある年間登録制スペースがあるので、それほどの不足感はありません。

ただ50ccを超える二輪車で通いたい方にはほとんど選択肢がないエリアなので、場合によっては駐輪場が豊富な恵比寿駅利用も視野に入れる必要があるかもしれません。

乗り入れ路線:東急東横線・東京メトロ日比谷線

コメント

タイトルとURLをコピーしました