おすすめ駐輪場東京

【五反田】安い一時駐輪場おすすめ6選!無料時間やバイク可・月極置場も紹介!

スポンサーリンク

かつての大手企業(ソニー)城下町から、先鋭ITベンチャーの聖地として注目されるオフィス街やタワーマンションが林立する再開発タウンへとアップデートしてきた五反田エリア。一方で目黒川沿いの憩い環境や、人情味あふれる商店繁華街、歓楽街も残り、多彩な表情を持つ暮らしやすい穴場エリアとして根強い人気を博しています。

そこで今回は、そんな五反田駅周辺で一時/定期利用できるおすすめ駐輪場を紹介します。駐輪場の紹介はもちろん、料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。(初出稿 2022年2月26日)

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは定期更新時※)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。またプライバシーポリシー(免責事項)も併せてご確認ください。※定期更新は6月頃予定
スポンサーリンク

【五反田】一時駐輪場まとめ(一覧マップ / 料金リスト / 各駐輪場の紹介)

五反田駅の一時駐輪場
※料金時間には最初の無料時間も含まれる場合がありますので、よくお確かめの上ご利用ください。
※「バイク可」でも、駐輪枠のサイズによりすべての自動二輪車が利用できるとは限りません。
※商業・公共施設などの利用者のための駐輪場は、マナーやルールを十分考慮のうえご利用ください。

【五反田駅】おすすめ一時駐輪場6選!

 五反田駅自転車等駐車場

駐輪場の外観を見る

<線路わき>

<高架下>

桜田通りをまたぐ山手線ガード下と、線路高架沿いの路上に設置された区営施設であり、バイク専用のとともに五反田エリアでは中心となる有料駐輪場です。終日~長時間利用の選択肢はこの区営一択と言ってよく、特に大きめバイクは都内の終日相場に比べても格安なのがうれしい点です。交番よこのガード下なら天候や防犯面で安心ですし、線路わき区画もオフィスエリア側ですし管理小屋もあるので比較的安全と言えます。

また線路沿い区画のうち目黒寄りには、五反田エリアでは唯一の定期・月極区画もあります。新規の利用申し込みは線路わきの管理窓口(線路わき)や区ホームページでも入手できる利用申請書を記入/作成のうえ、現地か区役所自転車対策係(東京都品川区広町2-1-36第二庁舎5階/03-5742-6786)に提出する形になります。

その後管理業者(NCD)より承認書とともに利用券購入カードが郵送されるので、そのカードを使って現地の定期更新機で利用券を買い、車両にシールを貼って利用開始になります。なお空きがない場合はキャンセル待ち登録になりますが、その旨の連絡はしていないようなので、承認が遅いようなら自分から確認した方がいいでしょう。

屋内外 屋外(一部高架下)
営業時間 24時間
台数 自転車 一時187台/定期216台 原付バイク 一時25台/定期48台
自転車/一時 24時間毎150円
自転車/定期 1か月 2000円 3か月 6000円 6か月 12000円 ※線路わきのみ
原付バイク/一時 24時間毎250円 ※線路わきのみ
原付バイク/定期 1か月 3300円 3か月 9900円 6か月 19800円 ※線路わきのみ
住所 東京都品川区東五反田5-27 / 西五反田2-2
電話 0120-356-621
備考 バイク可

一覧マップへ

 五反田駅東口バイク自転車等駐車場

駐輪場の外観を見る

東五反田側の線路沿いを走る花房山通りに整備された区営のバイク専用スペースです。線路の反対側にある区画()に比べると台数もミニマムな無人施設ではありますが、JR線路の東側で大きめバイクが駐められるのはここだけですし、23区内の駅チカで250円の終日料金は破格と言えます。立地的にはやや防犯面が心配な東口側ではありますが、この5丁目の池田山エリアは治安が良く、また警察の見回りや駐輪場係員の巡回もあるので比較的安心と言えます。

屋内外 屋外
営業時間 24時間
台数 原付バイク8台
原付バイク/一時 24時間毎250円
住所 東京都品川区東五反田5-22
電話 0120-356-621
備考 バイク可

一覧マップへ

 アトレ五反田駐輪場

駐輪場の外観を見る

JR五反田駅には、都営線側に「アトレ」、東急線側に「東急スクエア(旧レミィ)」と、ふたつの駅ビルがありますが、そのうちアトレの駐輪場は東口すぐよこの歩道橋下にあります。場内の奥側にはこのエリアで唯一の屋内と言ってもいい区画もあり、区営()のガード下とともに雨に濡れない貴重な自転車スペースになります。また2時間の無料がもっとも活かせる好立地ですし、東急スクエア(❹❺)より料金が割安なのも魅力でしょう。

屋内外 屋外(一部建物下)
営業時間 24時間
台数 自転車62台(上段12台/下段・平置50台)
自転車/一時 2時間無料 6時間毎100円
住所 東京都品川区東五反田1-26-3
電話 0120-773-791
備考  

一覧マップへ

❹ ❺ 五反田東急スクエア駐輪場

駐輪場の外観を見る

<Aエリア>

<Bエリア>

JR五反田駅には、都営線側に「アトレ」、東急線側に「東急スクエア(旧レミィ)」と、ふたつの駅ビルがありますが、そのうち東急スクエアの駐輪場は、ソニー通りに面する店舗前と、タワー駐車場よこの屋外に2か所あり、いずれも2時間無料です。最近の値上げ改定(50円↑)でさらに長時間向きではなくなりましたが、五反田エリアで二輪車(125cc以下)にも無料時間があるのはこちらのB区画のみになります。

屋内外 屋外(一部は庇や歩道橋の下)
営業時間 24時間
台数 自転車 Aエリア37台/Bエリア29台 原付バイク Bエリア4台
自転車/一時 Aエリア 2時間無料 1時間毎150円
Bエリア 2時間無料 3時間毎150円
原付バイク/一時 Bエリア 2時間無料 3時間毎250円
住所 東京都品川区東五反田2-1-2
電話 0120-356-621
備考 125cc以下

一覧マップへ

 クレアスバイクパーク パレステュディオ五反田 STATION FRONT

駐輪場の外観を見る

西口正面エリアの分譲賃貸マンションに併設された大きめバイクもOKの二輪車施設です。桜田通りと環状6号線にはさまれた好ロケーションであり、五反田エリアでは唯一の雨に濡れない二輪車区画も少しあります。終日利用なら区営ののほうが断然お得ですが、1時間程度の用足しならこちらが割安になるのでおすすめです。

屋内外 屋外(一部屋根や庇あり)
営業時間 24時間
台数 原付バイク7台
原付バイク/一時 30分毎100円 24時間最大800円(1回のみ)
住所 東京都品川区西五反田1-2-2
電話 0120-580-280
備考 バイク可

一覧マップへ

 東急大崎広小路駅駐輪場

駐輪場の外観を見る

山手通り近くの池上線高架下にある自転車駐輪場であり、大崎広小路駅に近い施設ですが、五反田駅にもじゅうぶん徒歩圏内の立地になります。こちらもしっかりした無料時間がある庇下のスペースなので、特に目黒川から南側に広がる西五反田商店街での買い物や飲食には最適の自転車ポイントと言えます。

屋内外 屋外(庇あり)
営業時間 24時間
台数 自転車16台
自転車/一時 2時間無料 8時間毎100円
住所  東京都品川区西五反田1-19-4
電話 0120-356-621
備考  

一覧マップへ

スポンサーリンク

【五反田】放置禁止区域や保管場所・返還方法を解説!

品川区は都内では放置自転車が極端に多い自治体ではなく、平成30年度では区全体で自転車約1200台、バイク約70台程度という調査結果になっています。

東京都全体でも、施設拡充や啓もう・取締り、シェアサイクル推進により違法駐輪は大幅な減少傾向にありますが、五反田駅周辺などは飲食店舗も多いため、つい駐めてしまいがちなエリアでもあります。

ちなみに五反田駅の周辺は、以下の広いエリアが放置禁止の区域として指定されており、警告~撤去の対象になってしまいます。

五反田駅の放置禁止区域
※品川区ホームページより

万一撤去されてしまうと、以下のような保管場所までわざわざ行き、高い手数料を払って返還してもらうことになるのでくれぐれも注意してください。

不動前保管所

・住所 東京都品川区西五反田3-11-14
・電話 03-5436-8885
・引取り時間 10時~19時 ※年末年始除く
・保管期間 30日
・必要なもの 手数料・自転車等の鍵・本人証明書類(健康保険証や免許証・学生証など)
・撤去保管費用 自転車 3,000円 原付バイク 5,000円
※原付バイクは、すべて八潮北保管所にて保管されます。

このように「ほんの少しのあいだだから・・」とお金や手間を惜しんで撤去されてしまうと、かえってそれ以上の労力とコストがかかってしまうものです。

くれぐれも “急がば回れ” の気持ちで、記事も参考にしながら駐輪場利用を心がけてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

目黒川に沿った平坦な低地に位置する五反田エリアは、谷筋が狭い目黒周辺や、台地がかかる大崎周辺に比べ、自転車での移動は比較的楽な区域と言えます。

JRに都営地下鉄や東急線が接続する五反田駅の周辺は、大きく分けると西五反田側がオフィス街、東五反田側が商業歓楽街になるため、エリアや時間帯によって治安面が大きな異なるのが特徴になります。

駐輪場に関しては、線路や駅ビル施設近くにすべて集まっているので、立地的な不便さはありませんが、治安面も含めて考えると、防犯性や天候を気にせず置いておける屋内施設がほぼないのが難点と言えます。

料金的には、区営が終日~長時間向き、商業利用スペースは短時間用で迷うことはあまりありませんが、区営の終日料金は自転車が150円と少し高いので、利用時間によっては100円で済む商業スペースがお得になる場合があります。

また品川区は、23区内では珍しく大きめバイクが利用可能な自治体であり、料金も終日250円と破格な相場と言えるので、特にバイク乗りの方は覚えておいて損はないでしょう。

乗り入れ路線:JR山手線・都営浅草線・東急池上線

コメント

タイトルとURLをコピーしました