おすすめ駐輪場 千葉

【本八幡】おすすめ定期駐輪場8選!その料金から空き状況・申し込みまで解説!

スポンサーリンク

江戸川を挟んで東京都と接する千葉県の本八幡は、都内各所への便利な路線が集まる人気の生活エリアです。特に三つの駅が地下通路で結ばれた再開発市街地は、商業施設や高層マンションが林立する次世代タウンとしてにぎわいを見せています。

そこで今回は、そんな本八幡エリアで定期利用できるおすすめ駐輪場を北口・南口に分けて解説します。各駐輪場の紹介から料金比較・ワンポイント情報まで地図や表・写真で分かりやすくお届けしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

※もし定期の順番待ちのあいだ一時利用をしたい方は、こちらも参考にしてみてください。

ご紹介している情報は記事を公開した時点(もしくは更新した時点)のものなので、変わっている場合があります。必ず現地で最新情報を確認してご利用ください。※プライバシーポリシー(免責事項)もご確認ください。
スポンサーリンク

【本八幡エリア】定期駐輪場 / 一覧マップ・料金リスト・各駐輪場データ

本八幡エリアの定期駐輪場

【本八幡駅 北口】おすすめ定期駐輪場4選!

八幡地下駐輪場 

駐輪場の外観を見る

地下鉄駅に最寄りの市営駐輪場がここになり、地下通路で京成駅やJR駅にも足を伸ばせます。特にJR北口で通勤・通学する方には、こちらがもっとも近い屋内施設でもあります。そんな三駅すべての利用者が対象になる地下スペースであり、汎用性ではピカイチの立地と言えるでしょう。

屋内外屋内
営業時間4:30-25:30
台数自転車1050台
自転車/一時土日祝のみ 1日110円
自転車/定期<一般> 1か月 1760円 
<学生> 1か月 880円
住所千葉県市川市八幡3-1-4
電話047-712-6342
備考 

一覧マップへ

ターミナルシティ本八幡地下駐輪場 

駐輪場の外観を見る

京成八幡駅前再開発地区にあるシンボルタワー「ターミナルシティ本八幡」地下の市営駐輪場です。京成線利用者にはとにかくベターな施設ですし、地下通路で地下鉄駅ともつながっているので、天候を気にせずメトロ改札へも移動できます。立地が良い分月額はやや高めですが、京成本線で通勤・通学する方には第1候補になるはずです。

屋内外屋内
営業時間4:30-25:30
台数自転車台数不明
自転車/一時1日110円
自転車/定期<一般> 1か月 2250円 
<学生> 1か月 1125円
住所千葉県市川市八幡3-1245-18
電話047-712-6342
備考 

一覧マップへ

八幡第10駐輪場 

駐輪場の外観を見る

JR北口前の一番街商店会通りに面する平置きの市営施設です。これまで北口近くには定期施設がありませんでしたが、最近この第10施設が定期専用に変更されたので、今後JR駅北側での貴重な定期ポイントになるはずです。屋外ながら係員も常駐するので、防犯面でも安心感があります。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車546台
自転車/定期<一般> 1か月 1760円 
<学生> 1か月 880円
住所千葉県市川市八幡2-1673‐16
電話047-712-6342
備考 

一覧マップへ

八幡第9駐輪場 

駐輪場の外観を見る

千葉街道沿いにある原付定期の専用駐輪場です。125cc以下までの原付バイクを定期利用できるのは本八幡エリアではここだけですし、JR、メトロ、京成のいずれにも足を伸ばせる中間的な立地も便利です。特に駅周辺は狭い路地も多いので、千葉街道沿いの場所に置けるのは安全や使い勝手の面でもベターと言えます。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数合計150台
自転車/一時1日110円
原付/一時1日220円
原付/定期<一般> 1か月 2860円 
<学生> 1か月 1430円
住所千葉県市川市八幡2-3391-2
電話047-712-6342
備考125cc以下

一覧マップへ

【本八幡駅 北口】その他の定期駐輪場

八幡第7駐輪場 

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車820台
自転車/定期<一般> 1か月 1760円 
<学生> 1か月 880円
住所千葉県市川市八幡2-1731-1
電話047-712-6342
備考 
外観ストリートビュー

一覧マップへ

八幡第6駐輪場 

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車280台
自転車/定期<一般> 1か月 1760円 
<学生> 1か月 880円
住所千葉県市川市八幡4-1766-2
電話047-712-6342
備考 
外観
ストリートビュー

一覧マップへ

【本八幡駅 南口】おすすめ定期駐輪場4選!

八幡第5駐輪場 

駐輪場の外観を見る

JR南改札に好アクセスの市営施設であり、平置きスペースの大半が定期区画でもあるので、南口側の定期駐輪場としてはもっとも主力になる施設です。特に南側では唯一の原付定期スペースであり、またメトロ線利用者にとっても貴重な原付定期ポイントでもあります。なお駅裏の狭い路地区画なので、特に二輪の方は通行などに注意ください。

屋内外屋外
営業時間24時間
台数自転車 一時73台 定期800台
自転車/一時2時間無料 2時間毎100円 1日最大550円
自転車/定期<一般> 1か月 1760円 
<学生> 1か月 880円
原付/一時1日220円
原付/定期<一般> 1か月 3520円 
<学生> 1か月 1760円
住所千葉県市川市南八幡4-165-8
電話047-712-6342
備考50cc以下

一覧マップへ

八幡第3地下駐輪場 

駐輪場の外観を見る

行政の出先施設が入る「いちかわ情報プラザ」の地下駐輪場です。南側で屋内施設はここだけになり、南口に最寄りでもあることから月額は高い部類になりますが、駅チカで安心の屋内スペースが希望の方は、ここがおすすめになります。

屋内外屋内
営業時間4:30-25:30
台数自転車340台
自転車/定期<一般> 1か月 2250円 
<学生> 1か月 1125円
住所千葉県市川市南八幡4-167-2
電話047-712-6342
備考 

一覧マップへ

八幡 第1・第3 駐輪場 ❸ ❹

駐輪場の外観を見る

JR駅の西側高架下に200m以上にわたって設置された市営の自転車駐輪場で、収容力では合わせて4000台以上というエリア最大の駐輪ポイントです。両施設に接するガードをくぐればメトロ駅にもアクセスが容易であり、自転車月額も最安です。特に第1施設はメトロ・JR利用に好立地・雨に濡れない高架下・自転車月額が最安と三拍子そろったイチオシ定期ポイントです。

屋内外屋外(高架下)
営業時間24時間
台数自転車 第1/1570台 第3/2800台
自転車/一時1日110円
自転車/定期<一般> 1か月 1430円 
<学生> 1か月 715円
住所千葉県市川市八幡3-622-2 / 3-547-2
電話047-712-6342
備考 

一覧マップへ

【本八幡駅 南口】その他の定期駐輪場

八幡第4駐輪場 

屋内外屋外
営業時間6:00-22:00
台数自転車330台
自転車/定期<一般> 1か月 1430円 
<学生> 1か月 715円
住所千葉県市川市南八幡5-586
電話047-712-6342
備考 
外観ストリートビュー

一覧マップへ

八幡第2駐輪場 

屋内外屋外(高架下)
営業時間24時間
台数自転車1150台
自転車/定期<一般> 1か月 1430円 
<学生> 1か月 715円
住所千葉県市川市八幡1-37-3
電話047-712-6342
備考 
外観ストリートビュー

一覧マップへ

スポンサーリンク

【本八幡エリア】定期駐輪場の申し込み方法や空き情報!

本八幡エリアの定期駐輪場は、すべて市営施設になります。

新規募集は基本的に年度毎(4/1~3/31)が対象期間になり、11月初旬~12月初旬に受付を行って、1月下旬~2月上旬に抽選結果を通知する流れになります。もし来年度から利用予定がある方は、受付開始時期の市報やHP更新を気にしておくといいでしょう。

申請はホームページ上(PDF)や市窓口、各駐輪場で配布する申請書を提出・郵送する形になりますが、最近ではインターネットやLINEによる申請可能になっています。必ず最新年度の利用申請方法お知らせページを確認のうえ、お申し込みください

市営有料駐輪場使用申請のお知らせ(令和3年度分)

また空きがある駐輪場は、随時申請も可能です。希望の方は市ホームページでも公開している空き状況を目安にしながら、上記の申請書を作成のうえ提出してください。

市川市 道路交通部 交通計画課
住所:千葉県市川市市川南2丁目9番12号
交通安全・計画担当 TEL:047-712-6341
なおコロナの影響により、感染流行前と比べて定期事情は大きく変化しています。空き状況や募集方法などは今後流動的に変わることも予想されるため、必ず市の広報紙やホームページで最新情報をチェックするようにしてください。
スポンサーリンク

まとめ

都内や県内各所への路線が交差する本八幡エリアは、各改札エリアに対応した駐輪場が配置されており、また三つの駅が地下通路でつながっているため、地下施設や一部高架下施設などからは、どの駅へも快適アクセスが可能です。

また、唯一これまでは定期ポイントがなく不便だったJR駅の北口側でも、一時利用施設が定期専用に転用されましたし、一方の南口側などは手ごろな月額の定期施設がもっとも充実しているエリアです。

全体としては、常にスペースの飽和状態が続いていますが、最近ではコロナの影響から少しずつ余裕も生まれつつあるようなので、まずはHPのチェックや問合せをしながら使いやすいスペースの確保に努めてみてください。

乗り入れ路線:JR総武線・東京メトロ新宿線・京成本線

コメント

タイトルとURLをコピーしました